てば旅

タイの国境を超えてミャンマーのミャワディへ

タイからミャンマーへ国境超え
てばこ
てばこ
今日はタイから国境を超えてミャンマー国境の街ミャワディよ
てばお
てばお
僕、陸路で国境を超えるのははじめてなんでドキドキしました
てばこ
てばこ
ドキドキした割にはとっても簡単な陸路での国境だったわよね
てばお
てばお
はい。タイもミャンマーもどっちもゆるゆるでございますよ!

 

ミャンマー国境の街 ミャワディ

ミャワディはミャンマー側の国境の町で、タイ側とは友好橋(friendly bridge)でつながっています。ここからヤンゴンまではタイ・ミャンマー両国が先導し、東西経済回廊(アジアハイウェイ)という道路が開通してだいぶきれいになりました。

とはいっても2019年現在、普通に通れるだけで、まだアスファルトで完全に舗装されていない区間もありますので、酔い止めは持っていったほうが良いかと思います。どこの乗り合いタクシーを選んでも飛ばしますし揺れますので。

また、タイから国境を通過してミャワディに入りますと物乞いの方などが増え、急に経済格差を感じる街であります。タイから国境を渡ったミャワディに美味しいごはん屋さんらしきものは無いので、タイ側からでしたら国境を超える前に、ご飯やトイレは済ませておいたほうが良いですよ。

 

今回の記事の大まかな流れとしては・・・

  1. タイのTAKイミグレーションで出国審査をする
  2. 友好橋を徒歩で渡ってミャンマーへ入国
  3. ミャンマーのイミグレーションで入国審査をする

ですっ!

TAKイミグレーションで出国審査

タイミャンマー国境 こちらが国境を挟んでタイ側にあるTAKイミグレーションです

 

タイミャンマー国境混んでいますが、日本人は9番窓口まですり抜けて進みます

 

タイミャンマー国境 外国人用窓口はこちら

 

タイミャンマー国境 9番ですね

 

タイミャンマー国境窓口はあっさり通過できますのでそのまま進みます

 

まずタイ側、TAKイミグレーションでの出国審査ですが、イミグレーションに入ると結構な行列ができています。これはタイへ出稼ぎのミャンマー人が多いので仕方ないのですよ。実際タイ側メーソートの人口比率は、タイ人よりもミャンマー人のほうが多いです。

外国人用の9番窓口はだいぶ奥にあるので、ここは車に気をつけながら道路を通って奥までずんずん進んでください。パスポートと出入国カードの半券さえ見せればOKです。とっても簡単。

以前は1回の出国につき500バーツとかとられていましたが、2019年10月までは暫定的にこの要項が撤廃されていますので無料でございます。

タイ・ミャンマー友好橋を渡ります

友好橋タイミャンマー友好橋入口です

 

友好橋 10分位で渡れます

 

友好橋 途中、船での不法入国が絶えない川が見えます

 

友好橋 ここは右車線(ミャンマー)と左車線(タイ)が変わる瞬間の道路

 

イミグレーションミャンマーのイミグレーションが見えてきましたよ

 

友好橋は全長420mですので、基本的には、雨季以外でしたら徒歩で渡ったほうが国境超えの実感があって良いかと思います。もちろん荷物が多い人はバイタクのお兄ちゃんが声をかけてくるので20バーツとかならOKしても良いと思います。

途中でボーダーらしいボータはないのですが、ミャンマー側の道路(右車線)とタイ側の道路(左車線)が交わるところは見ていて面白いです。

あと物乞いの人たちが友好橋上にいますが、余ったバーツとかがあればあげてもよいかと。橋の上の人にいる人たちは特例で、プロ乞食との噂もありますがね。タイのBTSアソーク駅からナナ駅辺りまでにいる、怖い人がバックに居るプロ乞食のように。

ミャワディのイミグレーションで入国審査

友好橋 建物が少し簡素になります

 

ミャンマー国境 まず左側で入国カードに名前を書きます

 

ミャンマー国境この茶色の看板が目印

 

入国カード入国カードは普通のコピー紙

 

イミグレーション 入国用紙に記入したらお隣のこのマークの窓口へ進みます

 

イミグレーション空港の入国審査とは大違いのキャッキャ感

 

友好橋を渡るとミャンマーの入国審査ですが、セキュリティスタッフからはなにも声をかけてこず、どこに行くかの案内もないので、スタッフにこちらからボールペンでなにか書く素振りをすれば紙を教えてくれます。

ここでは、名前などのほかにミャンマーの宿泊先などの名前も記載します。あと別でノートに名前も記入するのでそちらもお忘れなく。アジアあるあるで、向こうが忘れてノートをだしてこなかったらそれはそれで良いですけれどもね。

そして記入した紙をお隣のイミグレーションに持っていきます。

イミグレーションは終始にこやか。普通にパスポートを見せて写真をとって、なんの問題もなくあっさりクリアできました。

そしてなぜかこの8畳ほどの狭いイミグレーション内で、さっそく見知らぬおっちゃんが次の街へ行くバスなどの勧誘をしてくるのですが、結果としてこのおっちゃんがとっても英語が流暢で面倒見の良い人。

結局このおっちゃんの会社の車で次の街まで移動しましたが、とてもスムーズに行きました。

おっちゃんに関しては次の記事へ続きますよ

タイの国境を超えてミャンマーのミャワディへ まとめ

てばこ
てばこ
国境を超えた途端に急に物乞いが増えて雰囲気が変わるわね
てばお
てばお
夜なんかだとちょっと怖いかもですね
てばこ
てばこ
一応ミャンマーは、タクシーとかバスとかのぼったくり勧誘が多いけど、その他一般人は優しい人ばっかりだからそこまで危険じゃないとは思うけど・・・
てばお
てばお
まあ女の子が夜に一人でミャワディをウロウロするのはおすすめできませんね
てばこ
てばこ
まったく、ミャワディからちゃんと路線バスとかが出ればいいのに・・・(スチャッ)
てばお
てばお
あ、姉さん、ミャンマー人焼き払うのはまだちょっとやめてくださいね
てばこ
てばこ
ん?・・ああ、そうね、まだこれから機会ありそうだから今回は我慢しとくわ~(ボボボボボボボ)
ミャワディでバス探し
ミャンマー国境の町ミャワディでATM&SIMカード&乗り合いタクシーミャンマーの国境の町ミャワディでSIMカードとATMの場所と、別の町へ移動するための乗り合いタクシーの探し方を紹介しています。結論としてはツアー会社の乗り合いタクシーが、一番安心できるということになりますよ!...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!
ウィンブルドン てば旅

テニスの聖地ウィンブルドン会場を散策してみました【オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ】

2020年3月18日
てば旅 手羽その先へ
テニスの聖地ウィンブルドン こちらはロンドンの高級住宅街、ウインブルドンにある由緒正しい会員制クラブ、オールイングランド・ロー …