その他いろいろ

プーケットで海外ウエディングやってみました【値段やドレスや教会は?】

てばこ
てばこ
今日は私達がタイのプーケットで挙式した時の内訳を紹介するわよ~!
てばお
てばお
僕たち結婚式の費用はそこまでかけずに、新婚旅行にお金をかけようって話になって、それなら旅行ついでに海外挙式にしようって話になりまして、プーケットにしたのであります
てばこ
てばこ
グァムは正直退屈だし、ハワイやオーストラリアは高いし、バリやセブ島は海汚いし・・ってことでプーケットにしたのよね
てばお
てばお
今回は料金や注意事項なんかもまとめて書いていくので、プーケットで挙式を考えている人はぜひ参考にしてくださいね!

 

プーケットでの結婚式費用は〇〇円

てばこさんとてばおさんは、2017年に身内だけでプーケットで小さな式をあげました。お互いの両親と友人6人を呼び、全部で12名です。

お願いしたウエディングの業者さんは日本人プランナーさんがついてくれるので海外慣れしていない両親も安心のサメールウエディングさん。

海外ウエディングといいますと結構お金がかかると思われていますが、最初にいきなり式の明細書を公開しちゃいますと・・・

 

プーケットでの挙式費用

全部で127716.60バーツ!

当時はタイバーツのレートが1バーツ=3.4円だったので、大体43.5万円ほどですね!

海沿いのレストラン付き教会が79000バーツ(268600円)、日本人のプランナーさんが前日30分の打ち合わせと、当日の付き添いで34000円。当日朝の新婦の出張ヘアメイクやドレスを着せてもらうのに40800円。ゲスト分の食事10名分が1人8500円の85000円(自分たちのは込み)日本と比べると全然高くないですよね?

そしてこれとは別に、レンタカーでハイエースを4日分。両親と自分たちの飛行機代とスイートルーム2部屋3泊4日ぶん。友人たちは実費でタイに来て貰う代わりにご祝儀はこちらから辞退、ホテルはこちらでツインルームを3部屋×2泊分用意という内容で全部で50万円ちょっとくらい(内訳は飛行機代が35万円くらいのホテルが15万くらいしました)

全部の合計はジャスト100万円くらいですね!

 

プーケット行き航空券は東京発より名古屋や大阪のほうが安いのです

エクスペディアで航空券を探す

スカイスキャナーで航空券を探す ←目的地を指定せずに検索かけると一気に全料金が見れますよ

海外挙式注意点① ウエディングドレス

ウエディングドレス

ウエディングドレスですが、サメールさんでレンタルの場合、スタンダードなものは19000バーツ(約65000円)で小物も全部ついてきます。

男性のタキシードは15000バーツ(51000円)でサスペンダーやネクタイ、ベストなど全部込みです。値段はまあ式場が用意するならこれくらいでしょう。

当初はプーケットに着いた当日に試着して、次の日に着るっていう流れだったんですが、万が一、気に入ったドレスがあってもサイズがない場合があると聞き、そんなリスクはとりたくないということで日本から持っていくことにしました。

日本からウエディングドレスを持っていくのは大変そうですが、実はタイのリゾートでの結婚式で着るドレスは、日本で言う2次会ドレス的なもので済ます人がとっても多いです。

2次会ドレスなら意外と小さく収まって持っていけます。常夏の国なので日本のガチドレスでは暑すぎて動けないですからね。

そこで、てばこさんは近所のレンタルドレス屋さんに見に行きましたら、2次会ドレスは三泊四日レンタルで3万円くらいで種類も豊富。それにドレスが汚れた時の旅行保険と、トラベル衣装ケースを借りてトータル4万円ちょっとで良いものが見つかりました。

しかしてばおさん、レンタルで4万円ならネットで購入するのと変わらないんじゃないですか?と、てばこさんに提案。

・・で結局作りました。ウェディングドレスを専門で作ってくれるBUYDRESSさんで、まさかのセミオーダーウェディングドレスが3万円弱。

うーん、すごい世の中。採寸は自分で3サイズやヒールの高さなど簡単に測って好きなドレスを選んで送信ぽちっと。安いドレスだと1万円台からありまして、レンタルドレス業界潰れるんじゃないかというレベル。

しかしあんまり安いのを購入して切ない生地のものが来たら怖かったので、2次会ドレスの中ではちょっと良い値段のものを買いました。届いた品はまったく問題なくサイズもピッタリ。式の前に手元にドレスが届くこの安心感。セミオーダーかなりおすすめです。

てばこ
てばこ
ちなみに私は挙式2ヶ月以上前に、当時のサイズよりもかなり小さめのドレスをオーダーしたわ!
てばお
てばお
なんかドレスを着るためにダイエットしてましたね・・
てばこ
てばこ
式までに痩せれなかったらドレスが着れないという背水の陣でダイエットに臨んだわ!


BUYDRESSさん本当にお安いです
ウエディングドレス

海外挙式注意点② 教会によってはホテルが選べない

ホテル

これはプーケットだけでなく特にハワイなどで多いのですが、教会によってはホテル縛りがあります。サメールさんのプランも教会がいくつか選べるのですが、「この教会は海沿いでお安いのね~」なんて思っていたら縛りのホテルがバカ高くて、ゲスト全員分用意するとホテル代が40万円に届くレベルだったので断念したものもあります。

とりあえずてばこ&てばおさんは「オーシャンサイドロイヤルチャペル」というスタンダードな教会を選びましたが、こちら30名以下くらいの式でしたらとってもおすすめです。ホテルの縛りもないのでお好きなホテルが選べます。

教会からは海が見えて、海沿いのテーブルでケーキカット、そのまま敷地内の芝生でブーケトスや記念撮影しながら並びのレストランでそのままお食事。

ものすごい動線がよくて特にヒールを履いている女の子たちも移動距離が短いのでとっても楽ちんでした。

まあ教会はお好きなものを選ぶのが良いですが、とりあえずホテル縛りは気をつけてくださいね。

結婚式で利用したおすすめホテル

プーケットには4つの有名ビーチがありますが、てばこさん達は式場からほど近いカタビーチのチャナライフローラリゾートに宿泊しました。一番栄えているのはパトンビーチですがちょっと騒がしく、車が多くて教会まで1時間近くかかります。その点カタビーチまで来ると静かでリゾート感があるので、結婚式という事でしたらカタビーチのほうがおすすです。てばこさんはこの周辺のホテル4箇所くらい見回りましたが、チャナライフローラリゾートが客室を近くにまとめてくれたり、部屋の種類やベッドの融通がきいたり、客層が良かったりと一番使いやすかったです。ちなみに両親にはエグゼクティブルームを用意しましたが、グランドデラックスルームとそんなに違いはなかったので安い方で十分かと思います。ホテル予約サイトは口コミが良くても実際行ってみると微妙なホテルもあったりしますが、潔癖症のてばさこんがOKをだしたホテルなので、結婚式で絶対に失敗したくない!って人にはオススメのホテルです。

注意点③ ウエディングメイクは絶対に日本人に!

てばこさんたちがお願いしたサメールウエディングさんは大丈夫なんですが、海外ウエディングで安い業者を狙っていくとタイ人のヘアメイクさんが登場する業者さんにあたります。

しかしこれがなんというかですね、まあご想像におまかせしますがタイの結婚式メイクってパンチがすごいんですよ。(最近はそうでもないみたいですが・・)

タイ人の結婚式には何度かお呼ばれしているてばこさん。毎回眉毛の太さとチークの濃さと目ヂカラに衝撃を受けてマス・・。

でも一生に一度ですから失敗はしたくないですよね。

日本人ヘアメイクさん(4万円くらい)>セルフヘアメイク(安あがりだけど激ムズです)>タイ人ヘアメイクさん(1~2万円くらい)って感じの満足度だと思いますので、ここはケチらないようにしましょう。

いくらドレスが良くても撃沈しますので。

 

海外挙式とはいえ引き出物は配りたい

ウエディングギフト

 

海外ウエディングの際に地味に悩むのが引き出物。海外だから別に配らなくてもいいんじゃないか?なんて考えもありだと思いますが、てばこさん達は友人の結婚式でもらった箸や食器をフルに使っているので見る度にやっぱり思い出すんですよね。

そうやってたびたび式を思い出してもらうのっていいなぁと・・。

というわけで引き出物は配りたいのですが、海外挙式はみなさんスーツケースでいらしてまして、引き出物を渡すにも限界がありますから小さくて軽いものしか渡せない。

かと言って一律ギフトカードじゃ結婚式感がでないですし、なるべくならカタログギフトみたいにちょっと選んでもらいたい。なんて悩んでましたらありましたよ。すんごいお手軽なカタログギフトが。

セレプレってところのカタログギフトなんですが、渡したいギフトの値段を指定すると、あとは自宅にコードが印刷された封筒が届くのでそれをみんなに配るだけ。

友人たちにはカタログホームページからコードを使ってログインしてもらうだけ。いやいや、とっても便利。

これは面白いし、持って帰ってもらうのも楽なので、渡した友人も自分の結婚式で利用してくれてました。おすすめでございますよ。



フォトアルバムは皆で作るのがおすすめ

結婚式の大事な思い出をフォトアルバムにするのはとってもおすすめです。何年後かにみたりすると心がほんわかしますもんね。

しかし問題はどこの式場もフォトアルバムを作るのは費用がかさむということです。専属のカメラマンさん、アルバム制作費用は結構ばかになりません。

一応サメールさんのフォトアルバムプランをみますと・・

サメールのプラン

一番安い150カットでも26000バーツ(88000円)とかなり高額。でもサメールさんが高いわけではないんですよ。タイとはいえ、だいたいどこの業者も結婚式のフォトアルバム制作はこれくらいします。

そこで、てばこ&てばおさんがゲストの友人全員にお願いしたのは、「一眼レフカメラを渡された人はその瞬間からカメラマン」というルールです。

せっかくの結婚式は良い画質で残したいのでモノカリで一眼レフをレンタルします。

で、あとは友人同士でカメラを押し付けあって、カメラが周ってきた人は質にこだわらずバシャバシャとにかく適当に撮ってもらうんです。女の子はあんまり一眼レフなんて触ったこと無い子が多いですから逆に楽しくバシャバシャしてました。

・・で、全行程で撮ってもらった画像は1500枚以上。

これだけ色々な人に自由に撮ってもらうと必ずあるんですよね。奇跡の一枚が何枚も。

しかもゲストの自由時間の写真とか、両親たちの象に乗ってキャッキャしてる写真とか予想外のものも色々はいってて良い素材がたくさんゲットできました。

あとはこの写真を使って、下記のサイトでウエディング用のテンプレートに沿ってせっせと写真を当てはめていけば式場で作る1/4くらいのお値段でフォトアルバムが完成しました。


こちらはてば旅で使わせてもらっているおすすめのフォトブック屋さんです。

ただしテンプレートがあるとはいえ、多少のセンスもでますので自信がないって人は、下記のフォトアルバム屋さんですと、写真全部丸投げで勝手に作ってくれます。ここはてばこさんの友人が結婚式でお願いしてましたが、かなり質の良いフォトアルバムができていましたよ。

昔は式場が独占で、ぼったくりだと言われてきた結婚式ビジネスも、最近は自分たちの工夫次第でどんどんお値打ちにできますね。


こちらは写真を送るだけでアルバムが作ってもらえます

ちなみに1点だけ注意事項として、式場での写真は専属カメラマンしかダメだっていう会社がたまにあります。

その場合ですが、見積もりをもらって最後の最後で「式場で自由に写真を撮らしてくれるなら決めます、ダメなら他へ行きます」と言えばよっぽど人気の日取りでない限りまず間違いなく通ります。

式場で専属のカメラマンしか撮影がダメだなんて完全に業者の都合ですからね。

サメールさんは一応写真に関しては専属に任せて欲しい空気というかどっかにそんな一文が書いてありましたけど、現地では特に注意はありませんでした。まあハレの日でタイですからね。日本ほどは厳しくありません。

(ちなみに式場のカメラ持ち込み禁止や保管料以上の法外な持ち込み料金の搾取は独占禁止法違反にあたる気が・・・)

 

プーケットで結婚式の大まかな流れをご説明

とりあえずてばこ&てばおさんの結婚式の大まかな流れだけ書いておきますね。皆さんの参考になれば幸いです。

 

  1. 結婚式の4ヶ月ほど前にサメールさんに連絡。教会が空いているか確認。ローシーズン(6月)だったためガラガラ選び放題。
  2. 式場や希望プランをメールでやり取り。1週間程度やりとりして見積もりを出してもらいます。
  3. 挙式の日にち周辺の飛行機の値段とホテルの値段を確認。ローシーズンなので値段、部屋の空き具合ともに問題なしだったので、教会とあわせて早め早めにおさえちゃいます。
  4. 友人たちに日にちを連絡(挙式3ヶ月前)
  5. ドレスを注文する(挙式2ヶ月前)てばこはダイエットスタート。
  6. プーケット空港近くのレンタカーを予約。あわせて国際免許も取りに行きます。運転係の友人にもお願いします。(挙式1ヶ月前)
  7. プーケットの情報(服装、治安、SIMカード、両替事情、MAP、当日の流れなどを書いたしおりを作って両親と友人に郵送します)

 

てばこ
てばこ
まずここまでが事前準備ね!
てばお
てばお
多分日本で式をあげるよりもだいぶ楽かなとおもいます
てばこ
てばこ
続いてプーケットでの流れを説明するわよ!

 

プーケット結婚式教会はこんな感じ

 

親族+てばことてばおは3泊4日、友人は2泊3日の工程です

  1. 1日目 プーケットに夜到着、空港からはレンタカーで両家の両親とてばこ&てばおでホテルに向かいます。初日は速攻で寝ます。
  2. 2日目 プランナーさんが午前中にホテルに来てくれますので30分程度の打ち合わせ。午後は両親達を連れて観光します。夜に友人たちが到着するのでレンタカーで空港へ迎えに行きます。そして若い衆は初日の夜から街へ遊びに行きます。
  3. 3日目午前 朝9時ころにヘアメイクさんがホテルにやってきて1時間位かけてセットしてくれます。友人と両親たちは、レンタカーで30分ほど先に式場へ行ってもらいます。
  4. 新郎新婦はホテルからの送迎車がサメールさんのプランにはいっているのでそれで式場に行きます。式場に到着するとプランナーさんが皆さんを教会の席に集めてくれます。
  5. 別室で牧師さんに挨拶と、てばことてばこのお父さんはエスコートしつつのバージンロードの歩き方の練習を5mだけして速攻で挙式スタート。(2人とも本番に強いタイプ)てばおのバージンロードでのムーンウォークは不発。
  6. てばこバージンロードを歩いて指輪交換。牧師さんのありがたいお言葉、通常長いけどみんなどうせわからないからサビだけで良いって頼んだら30秒かからず終了。さすがタイの牧師。端折り方がダイナミック。誓いの言葉が激安。
  7. 新郎新婦サクサクと退場。そのまま皆さん一緒にテラスへでると、そこは海+ケーキとシャンパンが用意されていて、リラックスムードで乾杯。式開始からここまで20分かかってない。素晴らしい。
  8. 教会のお庭に移動して撮影会、ブーケトス、フラワーシャワーなどなど(30分)
  9. レストランになだれ込み、みんなでお食事。挙式開始から3時間弱で全行程終了。レンタカーでホテルへ戻ります。
  10. 途中でカタビーチに寄ってみんなでそのままキャッキャします。
  11. お昼の13時には解散。そこからは帰国まで完全に自由時間。
  12. 4日目 レンタカーに全員無理やり詰め込み空港へ、一斉に帰国。
てばこ
てばこ
とまあこんな感じだったわね!
てばお
てばお
レストランは日本酒一升瓶持ち込んだので皆ベロンベロンです
てばこ
てばこ
一つだけ気がかりだったのはローシーズンだからスコールがあるのよね、私達は運良く晴れたけど
てばお
てばお
でもタイのスコールはすぐに止みますからね、それでビーチは激空いてますのでとってもよかったですよ!

 

プーケットで海外ウエディングまとめ

てばこ
てばこ
あと結婚式で好評だったのは、省けるところは全部省いたところね!
てばお
てばお
そうですね。僕らは、生演奏や神父さんのありがたい言葉とか聖歌合唱とかかなり削ったら、結局入退場と指輪交換だけで終わったんですけど、実際みんなが注目するのってそこだけですからすんごい好評でした。やっぱり長いのは疲れちゃいますからね
とり子
とり子
コクコク・・・ 
てばこ
てばこ
あと、食事会が終わったらみんなでビーチは行ったほうがいいわよ~!自分のウエディングドレスなら汚れても構わないから楽だったわ!
てばお
てばお
そしてプーケット内の移動なんですが、もし身内だけの式でしたら大きめのレンタカーをプーケットの空港で借りておくのはおすすめですね。空港からホテルへみんなにタクシー使ってもらわなくてもいいですし、ホテルから式場への移動もホテルタクシー使わずにいけましたし、自由時間にパトンビーチまでみんなでいけちゃいますしね
てばこ
てばこ
だから仲いい友人に国際免許だけとっといてってお願いしとくといいわね!
てばお
てばお
あと好評だったのはとにかくゲストを拘束せず、自由時間を多く作ることです!こっちが無理やり企画するイベントなんてのはいらないですね!皆さん結婚式の前に海外旅行に来てますから!
てばこ
てばこ
この記事がみんなの結婚式の参考になれば幸いよ~!
とり子
とり子
コケ~!
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!