てばお独り言

持っていかなきゃ損する!【おすすめ旅アイテム特集1】

tools
てばこ
てばこ
今日は旅に持っていくととっても便利なおすすめグッズ紹介よ~!
てばお
てばお
旅っていかに荷物を減らすかに焦点があつまりますが、長旅だといかに体調をくずさないかなども関わってきますので、結構そっち系もはいってきます
てばこ
てばこ
たくさんあるからとりあえず三回に分けて紹介するわよ~!

てば旅が勝手に選ぶ世界旅行必須アイテム

ここではてば旅が実際に使ってみて、世界旅行にいくなら持っていったほうが良いよっていうアイテムをご紹介します!ただしパスポート~とか、胃薬~とか、日焼け止め~とか当たり前のところは書きません。これ持ってくといいよ!ってものだけ理由と合わせて書いていきますね。

フマキラーゴキブリワンプッシュ&おすだけベープ

pestosode
アジアの旅にはもはや必須になりました
pestosode
Gにモザイクかけときました。夜スプレーを撒くと次の日の朝にはこのようにGを仕留めてます。2週間位は効果が持続します

はい、これもう旅人には必需品です。特にアジアや暖かい地域は必須ですね。蚊に効く方は本当に一日一吹きで快適に過ごせます。以前私は蚊帳を持っていっていたので本当に楽になりました。

ゴキブリ用も写真のように効果絶大です。でかいのにも小さいのにもガンガン効きます。アジアのホテルにチェックインしたらすぐ水回りとドアの隙間などにこれをワンプッシュしておけば食べ残しを狙ったアリの集団もはいってこれません。

極めつけはベッドバグ(南京虫)にも効きます、ただしゴキ用は人間にも完全に無害とは言えないので寝室に使うのはほどほどに。逆に蚊のスプレーは人間が吸収しても体内で分解できる成分なので寝室で使っても問題ないですよ

コラージュフルフル

soap for mold
soap for mold
水虫菌(白癬菌)その他モロモロをやっつけてくれます

こちらボディソープです。お値段少々します。いろんなサイトを見ると体臭予防にとても良いと書いてありますね。ええ、たしかに暖かいアジアでは体臭が気になることもありますよね。周りに迷惑をかけないためにもそういった気配りは大事です。

しかし、てば旅がコラージュフルフルに注目しているのは抗カビ、殺菌効果のほうです。あんまり大きな声で言えないんですがバックパッカーの場合、安い宿に泊まるとどうしても共用バスルームになりますが、ちらほら見るのが水虫持ちの方々なんですよね・・。いや~、気になる。感染るかもしれない・・。共用バスルームのマットなんか白癬菌の温床です。

しかしこのコラージュフルフルがあれば大丈夫!水虫は白癬菌というカビの一種なんですが、このコラージュフルフルはその白癬菌に劇的に効きます。ボトル裏の表示に抗カビって書いちゃってます。

いや~頼もしい!まあ実際に白癬菌が足の裏に定着するのは24時間かかるので、毎日ちゃんとお風呂に入って洗っていればなかなか感染らないものなんですが、一度定着してしまうと水で洗ったくらいでは取れませんから、どうせ毎日使う物なら効果のあるものが良いですよね。

 

GRAN’S REMEDY

靴の消臭剤グランスレメディーニュージーランドで開発された靴の消臭剤です

上で水虫の話がでたのでそのまま足に関する商品です。グランズレメディは靴の消臭剤です。これ、どういう成分でどういう仕組みなのかわからないんですが、とりあえず靴の中に付属の小さなスプーンで粉を1杯、5日~7日かけてまぶします。

すると靴が防臭効果を持ちまして半年くらい効果が持続するそうなんですけど、そんなことありえないわ嘘くさいわ商品。

しかしですね、実際に使っているのですが本当に靴が無臭なんですよ。半年の効果があるなんて信じられなくて日本から持ってきてしまいましたが、防臭効果は本当にそれくらい持続する気がします。Amazonでもものすごい評価の高さ。旅って靴が1~2足だけしか持っていけないんで、これで防臭加工してから旅にでるのが良いかと思います。

ドルツ・ジェットウォッシャー

jet washer
寝る前に使うようになってからは、てばこさんは10年以上も虫歯知らずです

水流で食べかすをふっ飛ばしてくれる、ドルツ・ジェットウォッシャーです。旅にこんなかさばるもの持っていけるかって?と思った方は実際に使ってほしいです。

歯磨きした後にこの子を使うとまだ食べかすがでてくるんですよ、いかに歯ブラシだけでは限界がある事を思い知らされたことか。しかも適度な刺激で歯周病予防にも良いというおまけ付き。

というかですね、長いこと使ってたらいつの間にか歯茎の色が昔みたいにピンクに戻ってきたんですよね。数年ぶりにかかりつけの歯医者さんに歯石取り行った時に言われて感動。

海外で虫歯になると悲惨なことになるのでこいつはぜひおすすめします。

L字の歯間ブラシ

teeth brush

まあ、どうしてもドルツ・ジェットウォッシャーを持っていくのが大変な方には、せめてこちらをおすすめします。実際に歯医者さんが勧めるのはジェットウォッシャーよりもこちらです。お安いですしね。海外で歯が痛くなると本当に悲惨なので、歯のケアはきちんとしましょう。

一応てば旅で5種類くらいのブランドを試したのですが、その中では写真のサンスターGUMの歯間ブラシが耐久性が一番ありました。1本で10日は余裕で使えます。ちなみに弱いものだと3日でダメになります。日本だったら無くなれば買えばいい話ですが、行く場所によってはなかなか手に入らないので耐久性は大事です。

ポーターのトラベルオーガナイザー

本当に探しに探しました。旅に必須のパスポートやクレジットカードを入れておくケースがずっと欲しかったんですよね。

だけど耐久性に難ありだったり、使い勝手に難ありだったり容量に難ありだったりと問題続きだったのですが、このポーターのトラベルケースは、チャックの仕切りが3箇所、カード入れや、パスポート入れの仕切りもたくさん。ペンホルダーやコインスペースもありとっても使いやすいです。

もちろんポーターの耐久性はみなさんも知っての通りですので長期で旅に出る人には本当におすすめですよ。

 

スピルリナ

Organic Spirulina
こちらは普段メインで飲んでいるスピルリナなんですが、ボトルがガラス瓶なので、少しでも軽くするために呑み終わったペットボトルに詰め替えて旅に持っていってます
Organic Spirulina
こちらはお試し中、良い物探しに終わりはないのです

はい。怪しい健康食品がでてきました。でも意外と病弱なてばこさんには必須なんですよ。もともと身体が強く、健康食品に興味の無い旅人さんはこんなもの飲まなくても大丈夫です。ただ、体調崩しやすい人に健康オタクのてばこさんが言いたいのは、クロレラ飲むならスピルリナ、マルチビタミン飲むならスピルリナです。

最近てばこさんがハマっている、色々な食品や健康法などを科学的根拠を元にボコボコに否定しまくっているメンタリストDaiGoさんのYoutubeトークでも今のところスピルリナは否定していないという安心感。というかDaiGoさんトークのリサーチ担当の人がブログでむしろスピルリナを紹介していたという安心感。

やはり大きいのはスピルリナの吸収率。

ボトルに書いてある栄養成分が同じでも、サプリメントなどに比べてスピルリナのほうが成分の多くが身体に吸収されます。ちなみに以前スピルリナを飲みながらのタイ生活3ヶ月間で一度も風邪をひかなかったのに、スピルリナが切れたラスト1ヶ月で2回風邪をひきました。

あと、棚ぼた的な効果なんですけど、半年くらい飲んでいたらいつの間にか足の爪にあった縦線が目立たなくなってたんですよ。本当にあれっ?ない!って感じで。その時期はスピルリナとあとは消化酵素を色々試していた以外には特に生活面で変えたことはなかったのでおそらくどちらかは関係してるんじゃないかと。

また、食生活が偏っている時ほど効果があるので、ご飯が激マズの国に行った時は、なんとか食べれるパン+スピルリナで結構しのげるかと思います。

このスピルリナがてばこさんがペットボトルに詰め替えているやつです。これは錠剤が薄めなので飲みやすいです。あと一日30粒飲んでとか書いてますが、そんなに飲まなくても効果あった気がします。てばこさんは一瓶で4ヶ月はもったので。

created by Rinker
California Gold Nutrition

こちらのiHerbは海外サイトなので初めての人は英語表記ですが、PCは画面上部に日本語に変えれるボタンありますよ。スマホだとログインして言語選択すると日本語になります。まとめて買えば送料無料になります。本当に安い。

チロシン

Tyrosine
米国のサプリメントはすべてアメリカ食品医薬品局が厳しくチェックしているので、日本のものよりは信用できます。Jarrow Formulas社はその中でも良いブランドイメージですね。ちなみに健康ヲタの間では、DHC笑、ファンケル笑といった感じらしいです
Tyrosine
この白いものがチロシンですね、かと言ってそのまま食べれば集中力が増すっていう話ではないです

また怪しい薬がでてきました。チロシンです。たけのこの水煮を見ると白い粉みたいなのがくっついてますよね?これがチロシンです。

この子は飲むと3時間~5時間くらい集中力を上げてくれます。ですので英語留学などで勉強をしている学生さんなどに個人的におすすめしているのですが、ネットをみると勘違いしている方が多いので書いておきますが、チロシンはやる気がでるという薬ではありません。

使った限りでは一度出たやる気を持続させるという意味で効果があります。チロシン飲んで勉強やゲームをやると、いつもならそろそろ一度休憩入れる頃なのに、なぜか休憩無しで出来ちゃうなんてことが起こります。

基本的にやる気をだすためには、「まず嫌でもやってみること」。作業をすると脳が興奮します。これを心理学や脳科学用語で「作業興奮」というのですが、やる気をおこすにはこれが一番です。

チロシンはどのブランドも効果にそこまで差はでなかった気がします。錠剤のサイズもそんなにかわらず。最初は安いやつで良いかと。

てば旅が勝手に選ぶ世界旅行必須アイテムのまとめ

てばこ
てばこ
歯のケアは大事よ~!10年前にタイで歯医者にかかって結局日本でやり直した私が言うんだから間違いないわ!
てばお
てばお
姉さん担当の日本の歯医者さん、一発で見抜きましたもんね!姉さんの治療痕みて「海外でやったでしょ」って
てばこ
てばこ
見る人が見るとわかるもんなのね~!そんなできる歯医者を選んだ見る目のある私が選んだアイテムなんだから、ありがたく使いなさいよ!
てばお
てばお
(タイの歯医者を見る目はなかったのに・・・)
要点まとめ

サプリメントを勧めるとサイトがどんどん怪しくなる

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!