ご飯

トビリシのスーパーで売っている冷凍サバで作るシメサバ!

トビリシのシメサバ
てばこ
てばこ
海外ではお刺身に飢えている人が多いから、今日はシメサバの作り方を教えるわよ~!
てばお
てばお
はい。特にトビリシでは全くと言っていいほどお魚ありませんもんね。今回は私もお魚さばくの手伝わさせてもらいますよ!
てばこ
てばこ
これをマスターすればとりあえずお刺身食べたくて震えるって事はなくなるわよっ!

 

トビリシでシメサバ?

 

トビリシにはお刺身で食べられるお魚がほとんど存在しません。しいてお刺身でいけるというのは、アグロハブで売っている活け魚を買うか、サーモンかイシモチか。どちらにせよトビリシ在住の殆どの方がお刺身を目にする機会はありません。

まあ日本から見たら海外全部そうですよね。日本は世界一海産物が豊富ですから。

しかしてばこさん。もともと複数の飲食店を経営していたプロ手羽先ですので食材には非常に詳しいです。

そんなてばこさんが目をつけたのがスーパーやコンビニで売っている冷凍のサバ。

サバは寄生虫のお話が常につきまといますが、実は冷凍のサバはいたとしても寄生虫が死んでいますので正しい状態で冷凍されたサバでしたら、解凍して生食で食べても問題ありません。(鯖アレルギーがある人は別)

冷凍っていうと皆さん微妙な反応の方も多いかと思いますが、そもそも日本で流通しているほとんどのサーモンは一度冷凍されております。マグロもですね。

そしてサバは冷凍にはどちらかというと向いているお魚でございます。ですので今回はトビリシで気軽に手に入る冷凍サバを使った、シメサバの料理法をご紹介していきたいと思います。

 

まずは冷凍サバをSPARでゲット

sparこちらはトビリシにたくさん店舗があるSPAR

 

冷凍サバ冷凍庫を除くとサバがいますよ

 

冷凍サバこの水色の袋入りのものはシメサバいけます

 

シメサバの入手先ですが、トビリシ市内でしたらどこにでもあるSPARで売っています。コンビニみたいなものですね。

あとは大きなスーパーのカルフールにもありますね。一袋2匹入りでだいたい10ラリ(400円)くらい。

ただしカルフールなんかに行くと、袋にはいっていないサバも売っているんですが、そちらはちょっと心配だったのでつかっておりません。表面が冷凍焼けしてたりするので。

 

本日はシメサバの握りを作ります

サバ解凍 こちらは冷蔵庫で一晩解凍した鯖です

 

サバを調理 頭を落とします(包丁はカルフールで5ラリ200円)

 

サバを調理 内臓も取り除いて三枚におろします

 

サバを調理 内臓の薄皮もとりますよ

 

トビリシには良い包丁も良いまな板もありませんので、今あるものでやるしか無いですね。しかし工夫すればなんとでもなるのですよ。

3枚おろしが苦手な人はサバがちょっと半解凍の時に切ると比較的綺麗に切れますよ。

 

鯖に塩をふって30分冷蔵庫でおきます

シメサバこんなかんじに3枚におろします

 

サバを調理 そうしましたら鯖の両面に塩をたっぷりふりまして

 

サバを調理 ちょっと傾けた状態で冷蔵庫で30分おきます

 

ここで塩をふって味付けと生臭い水をサバの外に出す処理をします。冷蔵庫で少し傾けるのは、鯖から出た水が再びサバに触れないようにするためでございます。

 

サバをお酢で〆るための容器を用意しておきましょう

ペットボトルジョージアのどこにでもある洋梨ペットボトル

 

サバを調理 ここから包丁を入れて・・

 

ペットボトルこの形がお魚に丁度よいのです

 

サバを調理 冷蔵庫に置いておいた鯖からはお水がでています

 

サバを調理 こちら塩をふって30分後のサバ

 

ペットボトルはお酢でサバを漬け込む時に便利な形です。もちろん普通に使えるサイズの容器があればそちらでもよいですよ。

この後はお酢に漬け込むのですが、塩に30分つけたサバはお水で塩を洗っておいて下さいね。

 

サバをお酢につけます

シメサバお水で塩を流したサバを容器に投入します

 

シメサバ ここに安いお酢を投入(酢はなんでもよいです)

 

シメサバお酢でひたひたにします

 

トビリシのスーパーで手に入るお酢はワインビネガーやリンゴ酢だったりしますね。リンゴ酢はちょっと香りが強いのでワインビネガーのほうが合うかもしれません。

お酢はケチるとあんまり良い味にならないのでひたひたにしてくださいね。時間は20分~30分くらいでお好みです。既製品のサバや保存をもたせたい場合はお酢強め、すぐに食べる場合のシメサバはお酢が弱めって感じです。

ちなみにお酢はシメサバ専用で使うなら3~4回位までなら再利用可能ですよ。

 

サバの骨を抜いていきますよ

サバを調理 こちらは20分お酢に付けたサバ

 

サバを調理 ピンセットで骨を抜いていきます

 

サバを調理皮を手でむいちゃいます

 

今回はすぐに食べるのでお酢は20分ほど、あとは骨を抜くのですが、ピンセットがなければもう骨が入っている部分を縦にざっくり包丁で切っちゃっていいです。お店で出すわけではないので、食べやすければなんでもいいのです。

あと皮は頭側から引っ張るとビロビロってきれいに取れますよ。

ちなみに余った締めサバは、このまま焼くといい味の焼サバができます。もし焼く場合は、皮は取らなくても良いですよ。

 

すし酢の作り方

調味料 塩これくらい

 

調味料 そこに砂糖これくらいたします

 

調味料そしてお酢をこれくらいかもう少し多めに投入

 

すし酢は見た目の分量で塩1 砂糖5 酢6~8くらいです。

できれば一晩くらい置いたほうが味が落ち着きますが、すぐに使う場合はよくかき混ぜて下さいね。

 

フライパンでちょっと固めにお米を炊いていきます

サバを調理 鍋は利用中なのでそれならフライパン、お水はこれくらい

 

お米 最初の10分で沸騰するくらいの火加減、酢飯用は少し水を少なくして固めに炊きます

 

お米 沸騰したら弱火で放置

 

お米炊けたお米が熱いうちにすし酢を入れて冷まして完成

 

お米は鍋だろうがフライパンだろうがどんな入れ物でも蓋さえしめれれば炊けます。コツはお米を事前にしっかり浸水しておくことと、最初の10分で沸騰してくるくらいの火加減で火を入れることです。

あとどうしてもコンロが小さくてムラができる場合はたまにかき混ぜても大丈夫です。

お米を炊くときは絶対に蓋をあけてはいけないなんて話もありますが、あれは粘りがあるお米などの場合には差が出ますが、ジョージアで手に入るお米だとこまでこだわる必要はありません。意外ときちんと炊けちゃうものなんですよ。

あとはお米が熱いうちにすし酢を入れて混ぜて冷まして握れば・・・

 

鯖寿司が完成っ!

サバ寿司へいお待ちっ!

 

お好みで生姜やネギをそえるとまた一段と美味しくなりますよ!お寿司の握り方に関しては練習いりますのでyou tubeとかで勉強して下さいね。

別にお寿司にしなくても、熱々ご飯にカットしたシメサバのせて、半熟卵のせて醤油をかけてネギをのせたシメサバ丼でもすんごく美味しいです。

 

というわけで、本日はトビリシのスーパーで売っている冷凍サバで作るシメサバのご紹介でした~!

 

トビリシのスーパーで売っている冷凍サバで作るシメサバ! まとめ

てばこ
てばこ
う~ん。我ながらなかなか美味しいじゃないのよ。シメサバは残ったら次の日焼いても美味しいし
てばお
てばお
鯖は世界中に安価に出回ってますから海外でお刺身食べたい時にすごく助かりますね!
てばこ
てばこ
この作り方さえマスターすれば海外に長期滞在も怖くないわよ~!
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!