てば旅

【プライオリティパス】スワンナプーム国際空港のミラクルラウンジ

スワンナプームミラクルラウンジ
てばこ
てばこ
結局プライオリティ・パスで入れるスワンナプーム空港のラウンジって、最近改装したコンコースDのミラクルラウンジが無難よね~
てばお
てばお
はい。スワンナプームのラウンジはだいたい行きましたけど、シャワーがあって、ご飯も美味しくて、さらに空いてるとなるとあそこですよねぇ・・・
てばこ
てばこ
まあ、他のラウンジはよそがしっかり紹介してるし、今回は私達お気に入りのミラクルラウンジの紹介よ~!

 

ラウンジの利用はプライオリティパスが必須

関西国際空港ラウンジもうご存知ですよね?

 

世界を旅する時に、もはや旅人の間では常識となっているプライオリティパス。これがあれば世界中に散らばる1200もの空港ラウンジが使い放題になります。

プライオリティパスの公式ページより申し込みますと、利用無制限のプレステージ会員で年間399ドルと高額な年会費がかかってしまうのですが、楽天のプレミアムカード(年会費1万円)を作れば利用回数無制限のプライオリティパスが付帯してくるという情報が世の中に広まってから一気に日本の会員数が増えました。

ちなみに年会費一万円ってのはハードル高く感じますが、楽天のプレミアムカードは海外旅行保険がついてきますし、楽天市場でお買い物の際にポイントも多めにつき、さらにカードを作るとキャッシュバックがあるので実質1~2年分は無料の計算になります。通常のラウンジ利用料は大体3000円前後なので、年に2回以上海外に行く方は必須のカードです。

 

スワンナプーム国際空港ミラクルラウンジのご紹介です

スワンナプームラウンジマップ

 

スワンナプーム国際空港の国際線には、2019年の時点でプライオリティパスで入れる「ミラクルラウンジ」が9個あります。

はい、スワンナプーム空港には同じ名前のラウンジが9個あるんです。ほぼ全てのコンコース(通路を兼ねた広い場所の意味)に設置されてますね。

あとそれに加えてプライオリティパスで利用できる航空会社のラウンジとしては、コンコースDにブルーリボンクラブとターキッシュエアライン、コンコースEにオマーンラウンジ、コンコースFにエアフランスのKLMラウンジがあります。

いろんなブログで紹介されている、コンコースFのエバー航空ラウンジや、タイ航空ラウンジなどは残念ながらプライオリティパスでは入れませんのでご注意を。

エバー航空最高!タイ航空最高!なんて言われてもプライオリティパス乞食である我々には関係のない話でございます。そんなブログはそっ閉じ。

 

てばこ
てばこ
結局私は毎回コンコースDのミラクルラウンジよ!24時間営業で広くて空いててシャワーも使えるわ!オマーン航空も料理が美味しくて人気なんだけど、シャワーが一つしか無いのと、営業時間は6時半から20時半までで閉まるのが早いのよね、そんなに広くないから入場制限もあるわ!

まずはちょっと寄り道コンコースFのラウンジへ

コンコースFのミラクルラウンジ 出国審査を終えて右ウイングに向かいますとこんな建物が

 

コンコースFのミラクルラウンジ周辺にはこんな案内板がちらほらありますが、1番大事なのは、この階にはラウンジは無いから3rdフロアに行ってねってことです。

 

コンコースFのミラクルラウンジ近くのエスカレーターから下の階へ移動します

 

コンコースFのミラクルラウンジ ラウンジの案内はたくさんあります

 

コンコースFのミラクルラウンジコンコースFのミラクルラウンジへちょっと寄り道

 

コンコースFのミラクルラウンジ 入口にはプライオリティ・パス乞食OKの看板が

 

コンコースFのミラクルラウンジ ここしばらくクローズしてたので、なにが変わったのか見たかったんです

 

コンコースFのミラクルラウンジ しかしまあ特に変わらず、小さいけど落ち着くラウンジです

 

コンコースFのミラクルラウンジ盗電も問題なし

 

こちらコンコースFのミラクルラウンジはこじんまり。しかしコンコースD,E,F,Gの交差する場所にあって便利なんです。

また、ほぼお向かいにある人気のエバー航空ラウンジにプライオリティ・パスで入れると思って断られたプライオリティ難民はここに案内されます。

どこかのブログでエバー航空ラウンジにプライオリティ・パスで入れるようなことが書かれているらしく、てばおさんも罠にひっかかった一匹です。

 

てばお
てばお
ラウンジは名前もよく変わるしクローズも多いから、スワンナプームに関してはミラクルにしぼっちゃって良いと思いますっ

ちなみにミラクルラウンジは少し前まではCIPラウンジ、CPラウンジなどと呼ばれていました。巷に出回っているラウンジのMAPにはCIPラウンジって書かれたMAPもたくさんありますが、現在はミラクルラウンジに改名されてます!

コンコースDのおすすめミラクルラウンジ

コンコースDミラクルラウンジいごこちの良さを求めてD6ゲートを目指します

 

コンコースDミラクルラウンジこちらですね。先程のコンコースFラウンジからは5分弱くらいです

 

コンコースDミラクルラウンジ ミラクルラウンジに到着。なんか前のおばちゃんオラついてます

 

ミラクルラウンジ内装中に入りますと、あら広い

 

ミラクルラウンジ内装 ラウンジ内ではぐれたら、もう会えません

 

ミラクルラウンジ内装 閉店ガラガラ

 

ミラクルラウンジ内装時計を愛でながら呑むバーです

 

ミラクルラウンジ内装 こちらは足元に充電コンセントありの席

 

空港内にミラクルラウンジはたくさんありますが、このコンコースDのミラクルラウンジは新しくて大きいのに、場所が少し奥にはいるために利用者が少ないんですよね。いついっても空いてます。

逆に先程のコンコースFのミラクルラウンジみたいに、場所が便利なところはラウンジの質の割にすごい混んでる時もありますので、てばこさんは毎回右ウイングから出発の時はコンコースDのこのラウンジまで歩きます。

本当のお金持ちはラウンジは立地でぽんっと決めちゃいますが、プライオリティパス乞食の我々は、無料でギリギリまで良い思いをしたいので頑張って歩くのです。

さて、ミラクルラウンジのお食事はどんな感じでしょう?

ミラクルラウンジの料理今日は高いシンハビールが飲める

 

ミラクルラウンジの料理 カクテルも自由に作れます

 

ミラクルラウンジの料理 ミーハーな手羽先はまずスパークリングワインで乾杯します

 

ミラクルラウンジの料理うれしい生野菜。タイの誇りをかけて玉ねぎだけは絶対に切らさない

 

ミラクルラウンジの料理タイの誇りをかけてパイナポーだけは絶対に切らさない

 

ミラクルラウンジの料理屋台のフルーツと違って安心して食べられます

 

ミラクルラウンジの料理 こちらはパスタ。タイ仕様のやわらか麺です

 

ミラクルラウンジの料理 ちょい辛のポーク炒め

 

デザートいろいろ。プライオリティ乞食はもちろんサンドイッチは持ち帰ります

 

ほんのりあたたかい

 

プライオリティ乞食はここで食いだめしておきます

 

防弾ガラスごしにおばちゃんを見つめますと

 

ミラクルラウンジの料理 ご飯を選べと指示が来ます

 

ミラクルラウンジの料理シャバからの差し入れです

 

料理の種類はすごく多いわけではないですが十分な量だと思います。このラウンジの何が良いかって、キッチンで注文するとその場で作ってくれるんですよね。今回は麺を頼みましたが、一番人気のカオマンガイも本格的な味で美味しいです。

アルコールも豊富にありますが、スパークリングワインは調子に乗って飲みすぎると搭乗した時に一気に酔いがくるので気をつけましょう。

また、LCCを使っての移動の時は、機内食を無しにしてラウンジのサンドイッチをひそかにお持ち帰りして機内で美味しくいただきます。これが正しいプライオリティ乞食の姿です。

最後にミラクルラウンジのシャワーを紹介

ミラクルラウンジシャワーこちらへどうぞ

 

ミラクルラウンジシャワーシャワーも空いています

 

ミラクルラウンジシャワー とってもきれい

 

ミラクルラウンジシャワー すばらしい

 

ミラクルラウンジシャワーフライト前に浴びるのは最高です

 

こちらのシャワーはいついっても空いているのでとても良いです。店員さんに特に伝えなくても利用できるので楽ですね。ドライヤーも最近新しく付きましたし、ドレッサー的なつくりなので女性も使いやすいです。

結局いろいろラウンジはありますが、コンコースDのミラクルラウンジが1番使いやすいと、手羽先2匹は思うのですよ。

【プライオリティパス】スワンナプーム国際空港のミラクルラウンジ まとめ

てばこ
てばこ
最高よね~!ラウンジの無料ワイン
てばお
てばお
はい~!値段を気にせず飲み放題なんて最高ですよね~
てばこ
てばこ
ハムとチーズもあるし、許されるならずっとここにいたいわよ~
てばお
てばお
はい~!ラウンジは貧乏バックパッカーのオアシスですね~
要点まとめ

ラウンジの使い方でその人の本性がわかる

世界のラウンジ
【プライオリティパス】世界の空港ラウンジ充実度ランキングてば旅で利用した世界のラウンジのランキングをご紹介しています。まあランキングを発表したからと言って特につかえるわけではないんですが、そっと見てあげてください。...

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!