てばお独り言

【オンライン英会話比較】EFイングリッシュライブを受講してみました

オンライン英会話スクールイングリッシュライブ

~てばおレストランアルバイト中~

てばお
てばお
This is your chicken soup!(チキンスープおまちどうさまですっ!)
外人さん
外人さん
Thanks..uh? (ありがとう・・ん?)
外人さん
外人さん
Hey! Your thum is in my soup! (君の親指がスープにはいってるじゃないか!)
てばお
てばお
That’s all right, sir.(お客様、大丈夫ですよ)
てばお
てばお
This soup is not hot.(このスープは熱くないですから)
英語スクールランキング
てばおのオンライン英会話ランキングてばおが実際に受けたオンライン英会話教室をランキング形式にまとめました!随時更新していきますっ!...

実際にEFイングリッシュライブを受講してみました

てばお
てばお
てば旅には一切ヤラセの記事はありません。小銭で動くほどやわな手羽先ではありません(お札では動きます)
てばこ
てばこ
あんた、うそ記事書いたらカレーにぶちこむわよ
てばお
てばお
死に場所は選びたいので正直に書かせていただきます



EFイングリッシュライブの特徴

englishlive特徴

こちらの運営会社はEF Education Firstという、世界規模で語学学校を運営している会社です。そのため授業のノウハウや実績に関しては信頼できる会社ではあるかと思われます。実際イギリスやベトナムやタイなどにも実店舗があり、オリンピックに協賛するなどかなりの規模の大きさです。

授業内容は、先生とのマンツーマンレッスン主体ではなく、テキストや動画を見ながらのレッスンが中心ですね。

てばこさんいわく、この方式は一旦システムとブランドを作ってしまえば人件費のコストを安く抑えることができますので、規模の大きな語学学校の本音はここに力を注ぎたいはずだとのことです。

EFイングリッシュライブの料金体系

englishlivef料金表

料金体系は月額7900円(税別)一本です。クレジットカード払いですね。価格に柔軟性をもたせないのは大手にしては珍しいですね。追加料金などもないので、わかりやすくて潔くて個人的には好きです。

たしかに顧客集めのために、割引や格安プランを作るとブランド力の低下を招きますから、ある程度世界規模で展開するならばこの施策は正しいのかもしれません。ただし新規顧客の獲得コストが世界でもトップレベルで高い(つまり難しい)日本においては、有効かどうかは不明です(byてばこ)

さて、授業のシステムを見てみましょう

レベルチェックテスト まずはレベルチェックをうけます

 

レベルチェックテスト 旅行のために勉強ですっ!

 

レベルチェックテスト とりあえずレベル判定テストを受けます

 

レベルチェックテスト うーん。難しいぞ・・・

 

レベルチェックテスト 20分もかかりました

 

レベルチェックテストてばおさん、初級6とのことです

 

最初にレベルチェックを受けるのですが、テスト内容は自動化されていてしっかりしてますね。時間も20分以上きっちりかかります。

てばおさんは初級のレベル6とのことですが、学校全体で見るとレベルは16段階あります。横で見ていたてばこさんの感想としては結構問題が難しいとのこと。ちなみにレベルは自己申告でもいけますし、あとから変更も可能ですのでそこまで重要視する必要はないかと思います。

レベルチェックの後はすぐに授業にはいるのですが、レベルチェック後のホーム画面で「使い方のビデオを見る」とあります。実はこのビデオ、ちゃんと見ておかないと全体像がわからず非常に使いにくいです。

てばおさんは最初、この動画をすっとばして授業をやり始めたので、他の学校と授業の進み方が違いすぎてずっとやりにくかったみたいです。

EFイングリッシュライブさん側もこの動画に関しては強制で見せたほうがよいかなとも思いました。それほどまでに他所の学校と進み方が違うというか・・・

 

てばこ
てばこ
直感的にわかりにくいUIで、はっきり言ってやりにくいわっ!

※UI=操作性に関するデザイン

それでは授業をはじめます

授業風景 職場でのコミュニケーションのフィードバックのレッスン

 

授業風景 会話例の説明がでます

 

授業風景 こちらも会議で使う内容が中心です

 

授業風景 テキストでの授業が終わると次はグループレッスンを受けます

 

授業風景 貫禄ある先生

 

授業風景授業は双方のやり取りというよりは一方的ですねぇ・・・

 

EFイングリッシュライブの授業は、テキストが5割、グループレッスンが4割、マンツーマンレッスンが1割という構成です。せっせとテキストをこなして、グループレッスンで確認。またテキストをこなして最後にマンツーマン。これが一つの流れですね。

しかし・・・グループレッスンは正直いるかな?という印象です。先生はネイティブで発音もきれいで特に不満はなかったのですが、こちらから特になにかを話すわけではありません。

レッスンは常にリアルタイムで行われていまして、10分後に参加したい人は参加してねって感じなので、出席したらあとはまあ好きな時に退出する感じです。時間としては1レッスン25分程度ですかね。

そしてグループレッスンは3回受けられます。飛ばしたい人は飛ばせるみたいですがね。で、レッスン後はまたテキストをこなして、最後のプライベートレッスンまでたどり着くのですが、ここまでが長い!

 

てばこ
てばこ
人件費がかからなくて企業としては良いシステムよ、顧客の求めるものとはズレがあるかもだけど

プライベートレッスンの感じは?

マンツーマンレッスン 三名の先生が選べます

 

マンツーマンレッスン 先生のお顔は拝めません

 

マンツーマンレッスン 自分の顔を見てのレッスンかぁ・・・

 

マンツーマンレッスンこちらは授業後にいただけるレッスンの総評です

 

プライベートレッスンは20分と短いです。基本はここまで勉強してきた知識をフルに使っての授業内容になります。復習をマンツーマンでやっていく感じですかね。

気になったのが先生がほぼ選べないということ、今回は3人の先生しか名前がでてきません。日にちや時間を変えればもう少し先生が選べるみたいですがそれでも10人位しか選べません。HPには先生の人数2000人と書いてありますが、オンラインに関わっている先生はそんなにはいないですね。

そして授業ですが、色々ボタンをポチポチと切り替えてはみたのですが、先生の顔が見えず自分の顔しか映らないので、ちょっと不安になるというか切ないというかそんな授業です。

テキストをベースに授業が進むので授業内容にムラはでにくいシステムかとは思いますが。

 

・・・しかしEFイングリッシュライブ。自習ができる人だったらばそこまで存在意義がない学校と思うくらいテキストでの進行が中心。日本人が重要視するスピーキングクラスの内容も他の学校に一歩差をつけられている感じです。

もう少し直感的にわかるようなデザインにしなければなりませんし、世界で通用しているシステムでも、それがそのまま日本で通用するかは別問題。日本はサービスに求める質が高いですからね。

てばおの評価(5点満点)

学校の教授法がしっかり統一されているか★★★★  先生の質★★★ 予約取りやすさ★★ システムの使いやすさ★ 退会のしやすさ★★★ 有料テキスト&追加料金なし

EFイングリッシュライブを受講してみましたまとめ

てばお
てばお
なんか僕、やってて楽しくありません
てばこ
てばこ
あら、あんたがはっきり言うなんて珍しいわね
てばお
てばお
僕、もっと話したいんです!(女の子と)
てばこ
てばこ
あらっ!あんたも本格的に英語勉強に火がついたのねっ!
てばお
てばお
はいっ!どんどん話して実用英語を身に着けたいんですっ!(女の子と話しながら)
てばこ
てばこ
まあっ!つい最近までは英語勉強なんて興味なかったのにっ!「手羽先三日会わざれば刮目して見よ」っていうけど本当だったのね~!
てばお
てばお
僕、これからもがんばりますっ!(かわいい先生探しを)
要点まとめ

手羽先三日ほっといたら腐ります。てばおさんの動機はすでに腐ってます



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!