てばお独り言

【オンライン英会話比較】産経オンライン英会話を受講してみました

Sankei online English
店員
店員
Here’s your coffee
てばこ
てばこ
Thank you
てばお
てばお
なんか海外で飲むコーヒーって雰囲気違いますね~
てばこ
てばこ
英語勉強の合間のコーヒーは頭も冴えていいわよね~
てばお
てばお
ずずずっ・・・うわっ!ニガっ!
店員
店員
!
てばお
てばお
niggerすぎですよこのコーヒ~。あ~nigger~い!
てばこ
てばこ
ちょっとちょっと、あんた声抑えなさいっ・・
店員
店員
Hey chicken! Shut your mouth!
てばお
てばお
えっ?社長はマウス?ハハッ!アメリカンジョークですか~?あ~それにしてもnigger~!
てばこ
てばこ
私先帰るわね~!(ささっ)

※nigger=黒人に対する軽蔑用語

※産経オンラインとは100%関係ありません

英語スクールランキング
【継続は力なり】てばおのオンライン英会話ランキングてばおが実際に受けたオンライン英会話教室をランキング形式にまとめました!随時更新していきますっ!...

実際に産経オンライン英会話の授業を受けてみました

てばお
てばお
姉さんはヤラセが大嫌いなので、てば旅では紹介料たくさん貰えそうなとこに誘導したりしません。ガチでやってます(唐揚げにされるので)

 

産経オンライン英会話の特徴

まったく関係ないんですが、てばこさんは産経オンライン英会話TOPページ画像が嫌いです(このページのタイトル画像)

てばこ
てばこ
フィリピン人講師中心のところになぜ日本人男性の親指ぐっ写真とか、意味がわからないわ

 

sankei online English school
産経オンラインのHPから引っ張ってきました宣伝です

てばこさんさんの好みは置いておいて公平に書いていきます。

産経オンライン英会話は名前の通り産経グループが展開しているオンライン英語スクールです。教育関連の国際標準規格ISOを取得しており、産経グループの名前もバックあって講師陣の質はある程度保証されている安心感があります(てばこさんは実際に受けてみるまでは絶対に信じませんが)

てばこ
てばこ
有名ワインを開けたら不味かったなんてザラよ

授業はスカイプを使用してフィリピン人講師からのレッスンを受けます。時間は朝の5時から25時まで、毎日25分プランが税込み5980円、50分で税込み9800円、金土日限定50分が5980円です。そこにもう少し追加したい場合はチケットを購入する感じですね。

料金体系はシンプルで、ちゃんと税込表示でだましは少ないです。たまにありますが、税抜き表示って書いて無くて支払画面で上乗せされると一気に信頼をなくしますのでそこは大事です。

 

産経オンラインは月会費+追加チケット制

sankei online English school
4つの基本プランがあります
sankei online English school
こちらチケットは基本の4プランのどれかにはいっていないと購入できません 

月会費は特に説明するまでもないですね。表を見るだけで大丈夫です。

ただ、チケットプランの方ですが、こちらは基本的に毎日プランに入会している人が対象で、1日授業が足りない場合に、チケットで授業を追加するものです。

月会費無しでチケット単体では使えませんので気をつけてくださいね。

 

産経オンライン英会話のテキスト内容を少しだけ紹介

sankei online English school text
初級用です 

sankei online English school text
初中級用です 

sankei online English school text
こちらは中級用 

テキストは非常に見やすいですね。授業で使うものなので参考書のような細かい注釈はかいてありませんが、そこはある程度授業でフォローしてくれます。

レベルごとの内容も適切かと思います。1クラス25分という時間で完結できるシンプルで良いテキストかと思います。

授業のとりやすさはどうでしょうか?

sankei online English school
先生の検索画面です(こちらの画像は拡大できます) 

sankei online English school
う~ん、見やすい 

sankei online English school
プロフィール(こちらの画像は拡大できます) 

sankei online English school
使うテキストが指定できます(こちらの画像は拡大できます) 

sankei online English school
確認画面ですね 

予約システムでは授業がある先生しか表示されませんね。良いです。先生の数は普通に予約する分には平日のほうが多いですね、それとも週末の予約が全部埋まってる先生は表示されないのかな?ただどの日も50人~70人くらいの先生を選ぶことができますので十分ではあります。

個人的に先生を選ぶ時に一番信頼している「生徒からの口コミや評価」は残念ながら表示されないですね。ですので初見の先生はやってみないとわかりません。プロフィールから先生の自己紹介音声が聞けますのでそちらを参考に選ぶことになります。

実際に使ってみた感想としては、産経オンライン英会話のシステムは非常にシンプルで見やすいですね。メニューの文字も大きめで選択肢も絞られている。年配の人は使いやすいと思います。

てばこ
てばこ
あとここは他の学校に比べて、先生の写真を盛ってないわ!私そういう正直な所は好きよ!
てばお
てばお
(姉さんなぜかそういう所重視しますよね・・)

 

sankei online English school
テキスト購入画面(こちらの画面は拡大できます) 

授業では好きなテキストが選べます。テキストは一部有料ですが、普通に授業を受ける分には特に強制で取られることはありません。

 

GCATってなあに?

sankei online English school
GCAT?なんでしょうか? 

GCAT(ジーキャット)?なんだチミは?

てば旅の周りで誰も知りませんでした。産経オンラインページ内の先生プロフィールや予約画面のところに説明もなしにGCATと書いてあるので調べてみたら、まあTOEICのようなレベルチェックのテストです。というか産経オンラインさんが独自開発したものなのね。そりゃあ知りませんわ。

しかし授業内で追加料金無しで受けれるというのは良いです。レベルチェックの本格的なテストって追加料金とる学校もありますからね。語学学習っていうのは長期戦なので、履歴書にテストの点数書かなきゃいけないとかの理由が無ければものさしは何だって良いと思います。

 

それでは授業スタートです!

sankei online English school skype
skypeの画面です。とっても良い先生だったので紹介したいんですがプライバシー的な問題で 

sankei online English school text
てばお初心者クラスのテキストです 

sankei online English school text
わかりやすいです 

sankei online English school text
先生からの授業のレポートです 

予約時間になりましたらスカイプを立ち上げて待っていれば先生からコールが来ます。そこから授業スタートです。

授業の進み方ですが、基本的にはテキストに沿って進みます。最初は先生が読んでくれて後に続いて生徒が読む。初級者がわかりやすい基本的な進み方です。途中で発音の訂正等が入りますので直しながらゆっくり進みます。

もちろん上級になればテキストも倍以上の情報量になるのでやり方は変わると思いますが、初級者のてばおさん的には丁度良いとのことです。さっきも上の方で言いましたが、年配の人はこういう形のテキストやレッスン形式は好きかなと思います。変化球が少ないので。

あと良いところが、レッスン終わると先生が授業で気づいたことを書いてレポートをくれます。授業中は大きな間違いを訂正してくれて、終わってから細かい部分の訂正をレポートしてくれるのは初心者には助かります。

授業中に一気に訂正されてもパニックになっちゃうだけですからね。ただこのシステム、先生はすごい大変。

ちなみに今回画像で使わせてもらった先生、てばおさんのお気に入りなんですよね。発音が聞き取りやすくてゆっくりしゃべってくれて表情が豊かなフィリピン人の先生です。

もし産経オンラインの体験レッスンをやる機会がありましたら、上の方の予約画面の画像でモザイクかけてますが、青い服が特徴的なのですぐ判ると思います。もし見つけれたらぜひ受けてみてください。あ、もちろん初級レベルの場合であって上級者からするとわかりませんがそこはすみません。

 

産経オンライン英会話のちょっと気になる所

通信ソフトについてですが、大手はその学校独自のソフトを使っているところが多いですね。しかし産経オンラインさんは大手ですがスカイプ利用です。独自のソフトの利点は教材に印を打ったり画面の切り替えが先生のタイミングで自由自在なんですよね。なので情報が生徒に伝わりやすいところがあります。

スカイプも文字などで説明はできますが、先生のタイミングでテキストを切り替えたりはできないんですよね。しかしスカイプにも良いところがあって、それは学校独自のソフトに比べて会話の遅延が少ないんですよね。

回線が遅い所で独自のソフトだと1秒位音声が遅れるので結構授業に支障がでます。産経さんはそういった遅延は大丈夫でしたね。

そして肝心の先生の質に関してですが、初級クラスに関してはカリキュラムがシンプルということもあってムラは少ないです。話すスピードや聞き取りやすさの違いはありますが、授業に対する態度が変な先生には一人もあたりませんでしたし、授業はぶれようと思ってもぶれにくいテキストと進め方なので問題はなかったです。一定の水準は満たしていますね。

これがカランメソッドとかになると先生によってテンポが全然変わったりするのでこのシンプルなテキストは有利かと思います。

そういったブレにくいテキストがありますので、実は産経オンラインはレベルチェックらしいものが無くてですね、選んだテキスト=自分のレベルです。

基本的にレベルチェックがない学校ってあんまり信用してなかったんですが、実際の授業としては特に支障もなくちゃんと成立しているので、シンプルなカリキュラムが功を奏しているということです。

あと産経オンラインの微妙なところと言えば、やはり生徒から先生の評価が見れないところでしょうか。それと人によっては授業が普通すぎると感じる人がいるかと思います。てばこさんなんかは横で見ていて、先生はいい人だけどテキストの構造上アレンジがしにくく、ぬるいと感じたそうです。まあてばおさんは初級ですからそこは仕方ないかとも思いますがね。

もし上級の方で体験レッスンを受ける場合は、最初のレッスンで色々テキストを選べるんですが、ぬるい授業にならないように、そこで遠慮せずに難しいやつを選んで試したほうが良いかと思いますよ。

てばおの評価(5点満点)

学校の教授法がしっかり統一されているか★★★★★  先生の質★★★★ 予約取りやすさ★★★★ システムの使いやすさ★★★★★ 退会のしやすさ★★★★ 有料テキスト&追加料金(一部あり)

産経オンライン英会話を受講してみました まとめ

てばお
てばお
はぁ~、ひどい目に遭いましたよ!店員さんがいきなり襲いかかってくるんですもん。やっぱり海外は治安悪いですね~
てばこ
てばこ
いや、あんた良く無事で帰ってこれたわよ。nigger連発しといて。
てばお
てばお
あっ!店員さんは「苦~っ!」で怒ってたんですか!?自慢のコーヒーをバカにした風に受け取られちゃったんですね、それは僕が悪かったです。次回からは「デリシャスっ!」って言うようにしますねっ!
てばこ
てばこ
(ホームラン級のバカね・・)
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!