てば旅

【ホーチミン】タンソンニャット空港から市内へバスでの行き方

ホーチミンの空港バス
てばこ
てばこ
今日は悪名高いベトナム、ホーチミンの空港から市街地へバスでの行き方紹介よ!
てばお
てばお
ホーチミンのタンソンニャット空港はタクシーのぼったくり事件が絶えません、多分アジアで1番多いです!
てばこ
てばこ
タンソンニャット空港の場合、Grabですら信用出来ないのよね。これは記事の後ろの方で紹介するわよ!
てばお
てばお
というわけで、現在1番安全で嫌な思いをしないと言われているバスでの市街地への行き方紹介です!

 

ぼったくり率アジア1位? タンソンニャット空港

 

こちらはベトナムホーチミンの国際空港であるタンソンニャット国際空港です。空港識別コードである3レターはSGNですが、これはもともとサイゴン国際空港と呼ばれていたからです。

この空港はいろいろなブログを拝見してタクシーのボッタクリ、呼び込みの悪質さなどいろいろな記事を読んでいたので心の準備はしていましたが、実際に行ってみてたしかにこれは前評判どおり。

タクシーの呼び込みの誘いに軽く乗ってみると、ぼったくらないドライバーはほぼいないことがよくわかりました。

というわけでここではボッタクリの無い、バスでの市街地移動のご説明でございます。

 



空港についたらまずSIMカードと両替

空港は激混み

ベトナム ホーチミンは大都会

 

ホーチミンのタンソンニャット空港入国審査に向かいます

 

ホーチミンのタンソンニャット空港ぎゃー!

 

ホーチミンのタンソンニャット空港 混みすぎて1時間コース

 

ホーチミンのタンソンニャット空港なのでレーンに行っても荷物はすべて脇に降ろされています

 

タンソンニャット空港は混むと聞いていましたがやはり混んでいました。また、入国審査場はレーンをちゃんと作っていないので横入りも街中よりも酷くはないものの横行。

審査ももちろんサクサクとしたスピードではないのでストレスは溜まります。

そして1時間以上かけて入国手続を終えて荷物受け取りレーンに行くともちろんすでにレーンは止まっており、脇に荷物が放置されています。レーンの意味がない・・・・

 

ちなみにてば旅が空路で訪れた国で入国審査サクサク順は、

  1. タシケント(ウズベキスタン)
  2. ルアンパバーン(ラオス)
  3. 関西国際空港
  4. イスタンブール(トルコ)
  5. キエフ(ウクライナ)
  6. バンコク(タイ)
  7. ホーチミン(ベトナム)     
  8. クアラルンプール(マレーシア)

ですっ!

てばお
てばお
到着時間にもよりますがね~

両替とSIMカードはお手軽

ホーチミンのタンソンニャット空港空港出口までの動線上に両替所とATMがあります

 

ATM キャッシングも問題なし

 

空港SIM こちらはSIMカード屋さん

 

空港SIM 全部で3つのSIMカード屋さんがあります

 

SIMカード料金表SIM料金表(こちらは拡大できますよ)

 

空港内には、レートは悪いもののちゃとした両替所、海外キャッシングのできるATMがありますのでこのあたりは問題ありません。

しかしSIM屋さんに関しては日本で購入していったほうが圧倒的に安上がりでございます。実際に日本で購入した格安SIMのレポートは以下の記事を参考になさってください。

 

amazonで買えるSIMカード
【ベトナムSIM】日本で購入した安いSIMって本当に大丈夫?一度に何カ国も周る場合、いちいちSIMカードを購入するのって結構手間ですよね。そこで事前にAmazonで購入して機内で交換できたらだいぶ手間も時間も節約できると思います。そこで今回はAmazonで購入できるベトナムのSIMカードの使用レポでございますよ!...

空港を出てバス乗り場へ向かいます

ホーチミンの空港バス空港をでるとこんな感じの人の量

 

ホーチミンの空港 BUS STATIONの看板を見て右に進みます

 

ホーチミンの空港バス そうしますと上にBUSの看板が見えます

 

ホーチミンの空港バス この横断歩道を渡れば

 

ホーチミンの空港バス無事にバス乗り場に到着です

 

空港を出てバス乗り場までは3分ほどの道のりですが、この間にタクシーの呼び込みがものすごく来ます。しかしどれも値段は相場の5倍~10倍のボッタクリ価格。相手にしてはいけません。

さすがにこれに関しては政府が一時期対策に乗り出したものの、結局はいたちごっこで民間のタクシー空港乗り入れを禁止しない限りは悪徳タクシーは消えません。

ちなみに悪質な手口としまして、チャイルドロックがかかった内側からはあけられないタクシーがあり、女性が一人で乗ったときなどお金を払うまで逃げられない状態にするもの。

また、2019年5月最新の手口としては、価格交渉の際に運転手のGrabアプリを見せてきて、こちらが行き先を入力するその値段でOKという運転手がいますが、実はこのアプリに細工がしてあって、割高な料金表示をする仕組みになっています。

運転手の携帯のGrabアプリの価格は信じてはいけません。

アジア全域に言えることですが、交通関連の人は本当に信用できる人が少ないです。我々観光客が到着してからまっさきに触れる部分であり、それでその国の印象が決まってしまう所もあるので、政府には本腰を入れて対策してもらいたいものです。

 

空港バスのルート案内

109番バス

ルート 空港からヴィンギエム寺、統一会堂、ベンタイン市場を経由して9月23日公園のバスターミナルが終点
運行時間 朝5時から夜24時半まで
料金 20000ドン(100円)

 

ホーチミンの空港バス窓口でお金を払います20000ドン(100円)

 

ホーチミンの空港バス大きめの車体で大きな荷物も大丈夫

 

こちらの109番バスですが、公共のバスなのになぜか呼び込みがあります。しかもウソぶっこきます。

てばこさん達、呼び込みの人に行き先の地図見せたのですが、ルート上のバス停から徒歩20分も離れている距離なのに「行く行く」平気で言います。

出発まで時間があったのでルート検索する時間があっておかしい事に気づきましたが、ちょっと怖いです。

しかし旅行者程度の荷物でしたら追加料金もとられず、へんなボッタクリもないのでその辺は安心ですよ。

 

152番バス

ルート 空港からベンタイン市場、ブイビエン通りの近くを通って7区方面まで
運行時間 朝5時半から夕方18時まで
料金 5000ドン(25円!)

 

ホーチミンの空港バスちょっと小型のバス

 

ホーチミンの空港バス乗る時に乗務員さんがお金を回収します

 

ホーチミンの空港バス出発してすぐに隣のターミナルのお客さんがもりもり乗ってきますよ

 

152番バスは5000ドン(25円)と格安ですが、大きな荷物があると追加で1人分とられます。目安は一人立てるスペースを荷物が占拠するかどうか。なのでほとんどの人が追加で料金がかかると思ってください。

一時期この152番バスは、ベンタイン市場が終点のバスということで紹介されたりしていましたが、南の7区まで行きますのでご安心を。

空港からベンタイン市場までは混雑状況により、だいたい30分~1時間かかりますよ。

 

ホーチミンの渋滞の様子

 

【ホーチミン】タンソンニャット空港から市内へバスでの行き方 まとめ

てばこ
てばこ
なにがストレスかって、ベトナム人は平気でウソぶっこくのよねぇ
てばお
てばお
全員ではないですが、空港は8割厳しいですね・・・
てばこ
てばこ
Grabのアプリもそうだけど本当に全力でぶっこいてくるから私達も自己責任で自衛しないといけないわね!
てばお
てばお
はい、ぼったくられてもせいぜい1000円とかという話ではなく、女性が危険な目にあったりもしているのでくれぐれも皆さん気をつけてくださいね!
要点まとめ

街中のベトナム人はいい人多いですよ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!