てば旅

【トビリシ】ジョージア名物!ワインやビールの量り売り

ジョージアのビール量り売り
てばこ
てばこ
ジョージアに来て新鮮だったのは、このアルコールの量り売りシステムよね~!
てばお
てばお
はい。自家製ワインや生ビールをペットボトルに入れて販売してくれます!
てばこ
てばこ
ワインなんかはお店によって全然味が違ったりして面白いのよね!
てばお
てばお
しかも値段が凄い安いですよね!1リットル5ラリ(200円)のワインとかありますもん!
てばこ
てばこ
ただ、初めて買う時はちょっと勇気がいるシステムだから簡単に紹介だけするわよ~!

 

ジョージアにはワインの量り売り屋さんがたくさん

トビリシのビール量り売り

 

ジョージアには、珍しいビールやワインの量り売り専門店がたくさんあります。

特にトビリシですと、道端から店内を見るとテーブルのないバーのような形態で軒先にビールの値段が書いてあったり、食料品店の端っこや、スーパーの端っこなどでビールのディスペンサーがぽつんとあったりして、近づいてよく見てみたらアルコールの量り売りコーナーだったりします。

購入方法としては店員さんにビールやワインの銘柄を指差しでいいので伝えて、あとは1リットルか2リットル(それ以上もある店はあります)かをお願いすればペットボトルに入れてくれます。(ちなみにペットボトルを持参しても特に割引はないです)

 

ビールの量り売りの購入方法

トビリシのビール量り売り こちらはゴチリゼ駅近くの食料品店

 

食料品店 普通のお店なのですが・・・

 

ビール量り売りお店の端っこにこのようなディスペンサーがあります

 

トビリシのビール量り売り おばちゃんに頼むとペットボトルをもってきてくれます

 

トビリシのビール量り売りあらいいですね

 

トビリシのビール量り売り 続いてこちらもゴチリゼ駅近くの一見バーっぽいお店

 

トビリシのビール量り売り しかし店内に椅子はなく、生だるがゴロゴロ

 

トビリシのビール量り売り おばちゃんがせっせと量り売りしてくれます

 

トビリシのビール量り売り 酒のつまみも大抵合わせて売ってますね

 

トビリシのビール量り売り こちらはMarjanishvili駅近くのこのあたりのお店

 

トビリシのビール量り売り お店の前にはいろんなビールの値段が貼ってあります

 

トビリシのビール量り売りここはペットボトルにビールの銘柄シール貼ってくれて親切

 

ビールのおつまみお酒のおつまみもばっちり

 

トビリシのワイン量り売り 大きいのがビールで、小さいのがワインです

 

ビールの購入方法ですが、勇気を出してお店に入ってしまえば、あとは店員さんにお願いするだけなので特に注意事項はありませんね。

しいていえば、都会の方の量り売り屋さんだとたまに高いビールがまぎれています。通常は1リットル3ラリ(120円)程度なのですが、値段を見ずに購入したら1リットル9ラリ(360円)なんてのがありました。

 

ちなみに量り売りではあまりお目にかからないですが、2018年のジョージアビールランキングの上位5つはこちらです↓

1 9 Mta IPA 3.31ポイント        IPA
2 Krik Mango APA 3.19ポイント    Pale Ale
3 NaturAle Strawberry 3.17ポイント  Flavored – Fruit
4 Krik Tbilifornia Alr 3.15ポイント   Blonde Ale
5 Krik Rauchbier 3.13ポイント     Smoked – Rauchbier

参考 Rate Beer

 

ワインの量り売り購入方法

トビリシのワイン量り売り お次はワインの量り売り屋さん

 

トビリシのワイン量り売り もうね、凄く殺風景な店内

 

トビリシのワイン量り売り 自家製ワインなのです

 

トビリシのワイン量り売り おばちゃんが注いでくれますよ

 

トビリシのワイン量り売り量り売りのワインはこういう容器に移して冷蔵庫で置いとくのがポピュラー

 

トビリシでは、ワイン量り売りは安いと1リットル3ラリ(120円)などで販売しています。この安さはさすがワイン発祥の地と言われるジョージアですね。

しかし味は日本で飲めるワインとは全然違います。なんてったって、ぶどうの品種が500種類以上もあって、作り方も各家でバラバラ。なので味はものすごくピンきりです。

良く言えばさっぱり、悪く言えば味わい深くないというタイプが安いものには多いですね。

ジョージアでポピュラーな赤ワインの品種は「サペラヴィ」

白ワインですと「ルカツィテリ」です。

 

ちょっと本格的なジョージアワインを飲んでみたいという方は、量り売り屋さんで売っているワインではなくて、近年に有名になっているジョージアワインに「クヴェヴリ」という、粘土で作った素焼きの壺にぶどうの果皮、果肉、果梗、種全部いれて壺を土に埋めて6ヶ月ほど寝かせたものがあります。

クヴェヴリは日本でも高級ジョージアワインとして売られているものがありますが、ぜひ本場でクヴェヴリにチャレンジがおすすめです。

あと白ワインの製法で、そこにぶどうの皮をいれるためにオレンジがかった色になるオレンジワイン(アンバーワイン)は量り売りさんではちょっとお高めの7~10ラリ(210円~)くらいで売っていますので、そちらもおすすめですよ!

 

 

【トビリシ】ジョージア名物!ワインやビールの量り売り まとめ

てばこ
てばこ
トビリシに住むと、量り売りビール屋さんに通いまくってアル中になりかけるわ!
てばお
てばお
なんかお店の人と仲良くなると、お店の前を通った時に吸い込まれちゃいますもんね、危険です!
てばこ
てばこ
ジョージア人がお酒に強いのもわかるわね~、こんなシステム、人間をだめにするわ~!
てばお
てばお
でも好きなんですよね?
てばこ
てばこ
好きねぇ・・
とり子
とり子
【大好きです!!!】
要点まとめ

徒歩圏内に量り売り屋さんがあると危険

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!