ご飯

シュクメルリで有名なチュリ(Churi)がトビリシ・フィンガープリントへ名称変更

トビリシフィンガープリント
てばこ
てばこ
ステーションスクエア近くのチュリ(Churi)がフィンガープリントに名前変わったせいでたどり着けない観光客がいたのよね~
てばお
てばお
はい。なんか一時期潰れてたって噂が流れてましたけど、看板が変わっただけで中身は一緒でしたね!
てばこ
てばこ
とりあえず新生トビリシフィンガープリントを報告していくわよ~!

 

チュリとは?(現トビリシフィンガープリント)

トビリシフィンガープリント(元チュリ)

 

チュリ(Churi)は日本人のブロガーさんが記事を書いたことで日本人観光客の間で人気になったレストランです。

人気の秘密はシュクメルリというジョージアの伝統的な料理で、牛乳やチーズ、バターやサワークリームを煮込み、そこへ焼いたチキンを放り込むという豪快な料理がバズって一躍有名になりました。

また、お店の周りにはトビリシで一番大きな市場スタジアムもあって観光ルート上にあって立ち寄りやすいというのもグットですね!

 

チュリ(現トビリシフィンガープリント)の行き方

 

トビリシフィンガープリントの最寄り駅はステーションスクエアです。

駅からは600mくらいですが、途中の道は食料品店がたくさんあって見るのが楽しくてすぐに着いちゃいますね。

このあたりは昔ながらのトビリシなのでちょっと裏道の雰囲気とか悪そうですが、別に治安が悪いというのではないのでご安心を。

 

駅からの道のり

ステーションスクエア こちらがメトロStarionSquare(ステーションスクエア)駅

 

トビリシの市場 途中には市場もあります

 

ボリス・パイチャーゼ・スタジアム

 

トビリシフィンガープリントそしてこちらがトビリシフィンガープリント入口でございます。

 

駅からの道は広々していて迷うことはありません。迷ったとしてもスタジアムさえ見つけちゃえばこっちのもんです。すぐ隣なんで。

写真はオープン前の写真なのですが、普段は緑色のネオン管が点灯しています。チュリ(Churi)時代は地下の入口もあったのですが、現在は1階のみですね。

通常スタッフさんは店舗の入口にはおらず、奥のキッチン周辺にいますので、入店したら一番奥まで入っていって、店員さんに人数だけ伝えて下さい。

あとは空いているテーブルに座ればメニューを持ってきてくれますよ。

 

トビリシフィンガープリントの店内はこんな感じです

フィンガープリント店内 フロアは結構広い作りです

 

フィンガープリント店内 壁は殺風景

 

トビリシフィンガープリント こちらで注文する人もいますが、基本席で注文です

 

フィンガープリント店内キッチンはすんごい広そう

 

チュリ時代は夜に行くと爆音で音楽が流れたりしていたのですが、トビリシフィンガープリントになっても相変わらず音楽はひどいです。地元のジョージア人ですら外に出る本当に迷惑なレベル。

ただし昼は音楽ありませんので、みんなでお話しながらご飯が食べたい人はお昼に行きましょう。

注文はビールなどはカウンターで注文してすぐに受け取ってもよいのですが、普通のオーダーはテーブルでします。まあどっちでもできるんですが、店員さん的には忙しい時にレジ前に溜まってほしくないのでテーブルで取りたいみたいですね。

一応チュリ時代からここの名物はシュクメルリとのことですが、実はここの人気メニューはヒンカリです。シュクメルリは地元の人はそんなに食べてませんね。というか見たことありません。

しかし他のお店のシュクメルリと比べますとボリュームの面でパンチがあるので観光の思い出にはおすすめなのでございます。

 

メニューを見ていきますよ

フィンガープリントメニュー オーストリ 6ラリ(240円)牛スネを煮込んだチリスープです

 

フィンガープリントメニュー シュクメルリ15ラリ(600円)

 

フィンガープリント店内 隣のテーブルはヒンカリしか食べてない・・・

 

トビリシフィンガープリントってすごい頻繁に値上げしているんですよね、ちょこちょこと少しずつ。

なのでメニュー表記は常にマジックやシールで変更跡があります。インフレが進んでいる国だから仕方ないんですけどね。

で、メニューはちゃんと英語表記がしてあるのでご安心下さい。このあたりはさすが観光客慣れしています。

ちなみにこの日は周辺のテーブルを見てみると、みんなヒンカリ三昧。あっちもヒンカリこっちもヒンカリ。そしてヒンカリをビールで流し込む男たちの姿。これぞジョージアでございますね。

いや、ホントシュクメルリ食べてる人っていないんですよ。昼間っからにんにく臭くなっちゃいますしね。

 

シュクメルリは1皿2~3人前ありますよ

オーストリ こちらがオーストリ、おすすめ

 

パン パンは1ラリくらい(40円)

 

シュクメルリ そしてこちらがシュクメルリ

 

シュクメルリ 鳥が1羽ぶんはいっています

 

シュクメルリ 手羽先はもちろんチェック

 

シュクメルリそしてにんにくの量が凄い

 

シュクメルリは注文してからだいたい40分くらいかかります。なのでまずはすぐに出てくるオーストリ(牛すねチリスープ)とパンを頼むのがおすすめです。

てばこさん達はオーストリにパンをひたひたして食べるのがハマってますからね、どのお店に行ってもオーストリは大抵美味しいですからね。おすすめです。

そしてオーストリを食べ終わる頃にでてくるシュクメルリですが、トビリシフィンガープリントのシュクメルリはとにかく大きいです。カリッと焼いたチキンをドボンと牛乳スープに漬け込んで、せっかくチキンをパリッ焼いたのに何の意味もなくなるとかある意味贅沢な料理。

で、お味の方なんですが・・・

 

てばこ
てばこ
トビリシフィンガープリントのシュクメルリって味は普通なのよね・・・ 
てばお
てばお
・・・・申し訳ないです

 

こちらのシュクメルリ、チキンに下味をつけて焼いていないんですよね。なのでスープの味でチキンを食べることになるのですが、牛乳、バター、サワークリーム、にんにくのスープがそんなに日本人受けするかといったら微妙なところです。

なのでまあシュクメルリは無理して食べなくても良いです。むしろおすすめはオジャクリという豚肉とボテトのいわばジャーマンポテトと、先程のオーストリです。この2つを頼めばまあ無難なのではないでしょうか?

えっ?ヒンカリ?

ちょっと塩分高めでございますよっと。

 

シュクメルリで有名なチュリ(Churi)がトビリシ・フィンガープリントへ名称変更

てばこ
てばこ
ここは、市場に買い出しのついでに寄る感じよね~
てばお
てばお
はいっ!重い白菜とか持って歩くと疲れちゃうので助かります。値段もトビリシでは安いほうなのでありがたいですね
てばこ
てばこ
まあトビリシフィンガープリントは大衆食堂だから、もし味を重視してのトビリシ観光なら、Salobie BiaTiflisKeto & Koteにがおすすめよ~!
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!