その他いろいろ

【ニュージーランド】ゴルフ歴9ヶ月で平均80台を出せるようになった環境

ニュージーランドでゴルフ
てばお
てばお
今日は僕がニュージーランドで3ヶ月ゴルフをやっていたらスコアを140から80台まで縮んだ環境の話です。初心者2人が暇すぎて毎日コースにでていたらいつの間にか上手くなっていただけの話なので気にしていなかったのですが、実はかなりレアな案件だったらしいので記事にしてみました
てばこ
てばこ
あら?あんたゴルフ留学してたの?
てばお
てばお
いえ、ゴルフ目的ではなくて語学勉強が目的で友達と3ヶ月ニュージーランドに行ったんですよ。で、その時にハマってなんとなく毎日やってたら80台に落ち着いてました
てばこ
てばこ
なんとなくで80台ってでるもんなのねぇ・・・ 

 

ゴルフのスコア、平均80台って凄いの?

ゴルフ

ゴルフのスコアですが、100以上は初中級者、80~90台は中級者、79以下からは上級者なんて感じでしょうかね?

周りを見渡してもだいたい皆さんスコア100くらいが多く、みんなゴルフの後の飲み会が楽しくてゴルフコンペに参加したりしています。

ちょっと参考になるデータがなかったので、てばおさんが参加した地元の居酒屋主催のゴルフコンペの内訳を参考に見てみますと、参加者は全部で40人。

そのうち100を切ったのは15名、さらに90を切った人数は7名、80を下回るスコア(70台)で周ったのはわずか1名でした。

つまり80台(90を下回るスコア)は全体の17.5%程度なので結構狭き門なのではないでしょうか。

しかも今回はてばおさんが友人と2人でニュージランドへ行って、トータルのゴルフ歴9ヶ月でコーチもいない状態で2人そろってスコア80台が安定してだせるようになった環境の話なので、記事にしてみた次第でございます。(てばおさんベストスコアは81です)

 

ニュージーランドでゴルフを始めたきっかけ

タウランガこちらはニュージランド北島 タウランガの街の様子

 

てばおさん、若かりし頃に勤めていた会社が倒産してしまい、それはいい機会だということでニュージーランドへ潰れた会社の同僚と3ヶ月旅行に行きます。

この時てばおさん&会社の同僚のゴルフ歴はともに半年。打ちっぱなしは週に1~2回。コースは日本で一回だけ行ったことがあり、その時はスコア140と散々な状態の典型的な週末ゴルファーでした。

そして到着したニュージーランド。英語が苦手な2人だったので語学学校へ行って英語を学び、次のキャリアに活かすつもりでしたが1週間で英語学校がいやになり、急遽旅行へでかけます。

そしてバスに乗って訪れた街が「タウランガ」というオークランドから南へ200kmほど行ったところにある小さな港町。

ちょうどトライアスロンのレースがあると聞いたので見学しに訪れたのですが、偶然泊まった宿で一緒になった日本人から、宿のすぐ近くに3ヶ月2万円で打ち放題のコースがあると聞き、英語ペラペラの夢破れて暇なので始めたことがきっかけです。

 

ゴルフが上達した環境はこれ!

こちらは2人が通っていたOtumoetai Golf Club

 

料金こちらは2018年度のゴルフコースの料金 3ヶ月は240NZドル(20000円くらい)

 

てばおさん達が籠もっていたゴルフコースはOtumoetai(オツモエタイ)ゴルフクラブという街の中にある平らなコース。日本の河川敷よりは広くて起伏もありますが初心者向けの簡単なハーフコースです。

初心者が手っ取り早くスコアを縮めたいのでしたら、やはり平坦なコースのほうが良いかと思います。スイングさえ安定すれば多少の傾斜はちょっとしたアドレスの変更でどうとでも対応できます。

で、とりあえずゴルフを始めるにあたって道具が無いので中古スポーツ用品店に行きます。

しかしこのオツモエタイゴルフクラブはキャディさんもカートもありません。さすがにゴルフクラブ14本を担いでコースを周るのは疲れるので、ドライバー、5番、7番、9番、SW、パターの6本だけ買って(メーカーもバラバラ、シャフトもスチールとカーボンバラバラ)コースに周ることにしました。

後ほどお話しますが、この無茶苦茶なクラブの選択がメンタルの向上に寄与していたのかと思います。

 

ゴルフの敷居を限りなく低くする

ゴルフコース近くの宿 こちらがてばおさんが泊まっていたバックパッカーJust a Duck nuts

 

ビール 毎日ビールを一本持ってコースへ行きます

 

タウランガ宿からゴルフコースへは歩いて15分ほどの距離

 

ゴルフコース3ヶ月毎日ここへ来る事になります。

 

ゴルフコースで、ちゃんとスコアをチェックする時はきちんと18ホールのコースに行きました

 

ゴルフコース日の出とともに打ってました

 

ゴルフを始めたてばおさん達。タウランガでの生活はとっても暇なので朝一番に9ホールを1回、午後にもう1回という生活を、ここを紹介してくれた日本人の方も交えて1週間続けます。

一緒に周ってくださった日本人の方はハンディキャップ5のシングルさん。マナーもきっちり。道具もしっかり。てばおさん達はクラブ6本で周っているのでそれではアカンと色々アドバイスをいただきます。

しかしてばおさん、ルールやマナーなど色々と教えて頂きとても勉強になりましたが、なんとなくゴルフの窮屈さを感じます。

一緒にいた友人も同じく窮屈さを感じ一旦ゴルフをお休みします。

そしてシングルさんの帰国をきっかけにまたゴルフを始めたのですが、友人と話し合った結果、もう少し楽にゴルフをしようということで、いくつかゴルフのルールを変えました。

まず第一にスコアを付けるのをやめました。理由はただ書いている時間がもったいない。それならば1球でも多く打とうと。(コースごとに何打打ったくらいは頭で数えますがね)

第二に、1つのホールで常に1人3~4球ずつ打ちました。これはとにかくたくさん球数を打つための施策です。ティーグラウンドからとりあえず3球ずつ打って、全部カップインさせて次のホールに移動ました。

このルールを採用すると、最初の1打がバラバラの方向に飛んでいくと2打目を打ちに行くのが遠くなって体力を使うので、とにかく遠くへ飛ばすことよりも全ての球を同じところに落とす事にこだわるようになりました。

第三に、毎日同じコースで飽きていたのでなにかしらルールを毎回つけることにしました。

最初は例えばドライバー使用禁止とか、7番アイアン使用禁止とかから始まり、アドレスはいってから3秒以内に打つルール追加、その後1ヶ月もやっているとフックしか打ってはいけないルール(曲がらなかったら打ち直し)とか30~60ヤード以内のアプローチショットは9番アイアンフルスイングのみで調整とかどんどん内容が高度化していきました。

9番アイアンフルスイング限定のアプローチはフェースを開いて調整しますが、グリーン近くでミスショット(この場合ナイスショット)すると一発でコース外OB確定なのでものすごく緊張します。(最終的に9番アイアンフルショットを20ヤード以下まで抑えられるようになりました。打ちっぱなしでやると天井当たるので注意)

これは3ヶ月打ち放題という環境だからできるものでもありますが、このお遊びが実はものすごく上達に関わっていたんだなというのは後から気づきました。

 

雨や風が強い時は喜んでコースに行く

雨のゴルフコース ニュージーランドはたまに大雨振りますからね

 

雨のゴルフコース 川が増水してます

 

雨のゴルフコースいつものコースとはガラリと難度が変わるので楽しい

 

1ヶ月位打っていると体力がつくのでハーフコースを1日4周できるようになりました。しかし毎日毎日同じコースなので、いくら色々な縛りでスパイスを加えているとはいえ飽きます。

そんな時てばおさんの上達を後押ししたのが天候です。

雨は写真の通りコースや芝の重さが変わるので普段と違う条件になって面白くなります。「雨だからゴルフはお休みではなく」、「雨だからゴルフに行こう」という感じになっていました。そして特に面白いのが横風の強い日です。

前述の通り、遊びでフックのみやスライスのみでコースを周っていたてばおさん達。始めはまったくコントロールできませんでしたが、毎日36ホール周っているといつの間に左右自由に打ち分けができるようになっていました。

そんな時に横風が強いコースだと、風の中どれだけまっすぐ飛ばすか大会に変わります。左からの風が強ければフックを打てばまっすぐ飛びますよね。これがかなり面白く、風の強い日は他のお客さんもほとんど来ませんので、一日中キャッキャしてました。

 

どんなクラブだってスコアは良くなる

ドライバー 中古で500円のドライバー。1ヶ月でお亡くなりに

 

ドライバーこちらは友人の500円ドライバー、こちらは2ヶ月ほどでお亡くなりに

 

ゴルフの世界は道具至上主義の人が多い世界だなと思います。しかしそのようになった背景にはゴルフメーカーさんがクラブを売るための戦略であって、正直てばおさん的には道具は慣れればなんだって良いという感じで打っていました。

前の方でお話しましたが、てばおさんはスチールとカーボンシャフトのアイアンをなにも考えずに混ぜて使っていました。ロフト角も当然そろってないです。

これは普通に考えたらクラブごとにスイングのリズムが変わり、上達の妨げになると言われておりたしかに一理ありますが、正直初心者のうちはそんなに関係ないです。

それどころかずーっと毎日いろんなクラブで打っていますと、人間の体は道具の細かい違いまで勝手にわかってきます。スチールシャフトはカーボンに比べて広背筋を意識しないと飛ばないとか。カーボンシャフトはスチールに比べてトップでタメを作りすぎるとコントロールが難しくなるとか習っていないのに勝手に肌でわかってきます。

これは全部同じクラブで打っていたらきっと気づかなかったことだと思います。いろんな個性のあるものに触っていたからこそ気づく部分です。

このわずかな違いを感じる能力は自分の身体の違いを感じる能力でもあります。なので調子の悪い時に、「ここがおかしい」っていうのもすぐにわかるようになりましたし、バランスがバラバラのクラブに慣れているので、多少のリズムのブレなんて大した気になりません。「こんな感じでいいかな?」で簡単に調整できるようになります。

リズムなんてわずかな違いを感じる能力とおおざっぱなメンタルを身につけてからやりだしても全然遅くありませんよ。

 

てばお
てばお
この経験のおかげで体調によってスコアが大きくブレることが無くなりました!

 

あと写真の折れてるドライバーですが、最初の1週間は下手すぎて地面に叩きつけちゃってたんですよね。ニュージーランドに来る前のスコアは140とかでしたから。だからダメージが蓄積してある日ぽっきりと。

ですので新しいドライバーも購入しましたが、たしかに良いドライバーは飛距離がのびます。でも10~20ヤード飛距離が伸びたところでスコアをまとめることにはあまり関係ないです。

といいますのも、通常ゴルフはスイングを変えずにクラブの番手を変えて飛距離を10ヤード程度ずつ調整します。しかしてばおさんは少ないアイアンで色々と飛距離を調節することを毎日やって気づいたのは「フルパワーで打つと打ち分ける感覚が鈍くなる」ということです。

最初の頃ってとにかく飛ばしたいものですからフルパワーでガンガン打ってたのですが、それだと自分の調子で距離がものすごくブレるんです。それに力がはいっているから球がフェースのどこに当たっているかもわかりにくい。それ以前に芯に当たらない。そこに気づいて常に8割位のパワーで打つようになると微調整が容易になりました。

だからもちろんドライバーも8割位で打ちます。そうやって打つと飛距離ってまったく興味なくなっちゃうんですよね。実際てばおさんのドライバー飛距離はせいぜい220ヤード程度。男性の中では全然飛ばないほうだと思います。

でも1本何万円もするドライバーで飛距離がだせるからといってスコアが良くなる箇所って、1ラウンド中にほとんどありませんよね。そういうわけで下手なうちは色々な道具を触って自分の感度を上げる練習をするべきだとてばおさんは思うのですよ。

 

ただし靴と猫背サポーターは買いました

はっきりいってクラブよりもシューズのほうが大事。コースによってはスパイク付きのほうが良いです

てばお
てばお
ゴルフシューズはコースで斜面で打つ時に絶対にいります。スニーカーはいてて「滑りそう」だって感じると無意識に前足に体重がのってしまいますからね。

 

日常生活で猫背は決して悪いことではないのですが、ゴルフに関しては猫背はよくありません。猫背の状態で肩を回しても肩甲骨がイマイチ動きません。背筋を伸ばしてトップの形を作ると肩甲骨が動いているのが分かると思います。姿勢が良いと肩こりになりにくいですし、猫背は通常の運動カロリー消費量が10%も低くなるというデータもあります。

てばお
てばお
つまり猫背は太りやすいんです。普段猫背の人はサポーターを着けて運動をすると痩せやすくなります

 

一つの好きなスイングだけを徹底的に真似をする

ゴルフスイングてばおさんゴルフ歴9ヶ月目のスイング

 

短期間で平均スコア80台を目指す中で絶対必要なことが「上手い人の真似をする」ということです。

てばおさんは伸長が163センチと小さいので、同じ様に身体が小さいプロで、かっちょいいスイングの選手を探しましたら、若かりし頃の田中秀道プロという方がいらっしゃいまして、ネットでその方の動画を見てずっと真似していました。

さすがにプロのスイングの完全にコピーは無理でしたが、とりあえずでいいので真似をしていましたら、コーチがいなくても勝手にスイングがきれいになっていきました。

この際に注意することが、①必ず自分のスイング動画は取ること。②プロのスイングを一度に全部は真似しない事。③プロの真似をして球に当たらなくなっても信念を持って1週間は変えないことです。

①の動画は今となっては当たり前ですね。一日一回は必ずチェックしてました。自分のスイングを客観的に見るというのは非常に大事です。

そして②の一度にプロのスイングを全部は真似しようとしない部分ですが、これは怪我防止です。毎日ゴルフをやる環境でしたので、一度に真似をすると身体全体にものすごい負担がかかります。体力もものすごく消耗します。

最初は一度に全部やろうとしていたのですが、身体の節々の痛みを感じて止めました。一箇所ずつやっていったほうが、部分部分を意識できますし身体に優しいです。

そして③ですが、これができるかどうかが上達に大きく関わると感じています。例えば手首の使い方。初めて手首のコックを使ったりすると球をまともに捉えられなくなってしまうのですぐに元に戻してしまう人が多いですが、捉えられないまま突っ走るべきです。

今までとまったく違う動きを試すわけですから、たった1日で「なるほどこんなものか」なんて身体が理解できるわけありません。変え始めて1~2日目はボロボロ+疑心暗鬼、3~4日目でなんとなく当たるようになり、5~6日目で身体がコツを理解していきます。

こんな感じでプロの真似を毎日やっているとずーっと調子悪いのですが、ある時全ての点がつながる時が来ます。人間の身体って動作をちゃんと教え込んだらちゃんと答えてくれるんですよ。

 

動画取る時のスマホの小さい三脚って安物だとすぐにゆるゆるになる物が多いんですが、このJOBYの三脚は4年以上使ってますがいまだに現役で緩みなしでおすすめです。

アプローチとパターがよければ80台はでます

ゴルフコース打ち下ろしパー3のコース

 

パター練習こちらでパターは上達

 

平均スコア70台となると話は別ですが、80台ってアプローチとパターさえ無難にこなせれば簡単にだせます。そしてアプローチはコースにでまくってさえいればなにも考えていなくても勝手にうまくなります。

まあそんな環境日本では難しいかもしれませんが、すぐに平均80台に落ち着きたいのでしたら打ちっぱなしでまっすぐ飛ばす練習なんてやめて、打ち放題でひたすら的を変えながら100ヤード以内のアプローチ練習のほうがよっぽど有意義だと思います。

打ちっぱなしにはマットの真っ直ぐな線があるので斜めにアドレスを取りにくいのはわかりますが1週間もやっていれば慣れてきますよ。

そしてパターですが、これはてばおさん。ホームセンターへ行って一本2mくらいの幅1センチの細長い木を買ってきまして、部屋でその上にゴルフボールをうまく転がすという練習をひたすらしていました。

パターを真っ直ぐ打つのってすごい難しいですよね。まっすぐ打ててないのに芝とかグリーンの斜度とか読んでる場合じゃないです。

というかまっすぐ打ててないと芝を読んだりする感覚は身につきにくいと思います。球に変な回転かかると、まっすぐ打った時とは違う曲がり方しますからね。

お家建てる時に基礎がしっかりしてないとダメなのと同じです。

なので、この練習に関しては2ヶ月間毎日30分部屋でノルマにしていました。1日も休んだことが無い代わりにちゃんと真っ直ぐ打てるようになりましたよ。

 

これは最初に球を置くのがシビアですけど、よくある折りたたみ式の長い人工芝のパット練習機よりも遥かに効果があると思います。(というかあれは練習としては意味がない気がします・・・)てばおさん、ニュージーランドで買った木が湿気で曲がってきたのでこれ買いました。全盛期は20回連続クリア達成しております。

【ニュージーランド】ゴルフ歴9ヶ月で平均80台を出せるようになった環境 まとめ

てばお
てばお
はっきりいって3ヶ月休んでゴルフ場に籠もって今回書いたことを意識してもらえれば誰でも80台は出せると思います(70台はまた別の話)実際に僕も友人も2人揃って平均80台前半で落ち着きました
てばこ
てばこ
でも飽きない工夫というか新しいことは色々してたのね
てばお
てばお
はい。とにかくたくさん色々な球を打つという事を軸にして遊ぶのはとても大切だと思います!打ちっぱなしに行くとまっすぐ打つ練習しかしてない人ばかりですが、左右自由に球を曲げられるようになると、真っ直ぐ打つなんて目をつぶってもできるようになります
てばこ
てばこ
子供が上達するのが早いのと一緒なのね~!
結論

練習の理論や方法が大事ではなくて、黙々と楽しく人真似してたら勝手にうまくなります(ただし球数はすんごい必要)

 

最近はこういう動画レッスンもあるんですね・・さすがに平均70台をだすにはこういった理論的なアプローチも必要になってくると思います

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!