てばお独り言

【旅の準備】長期旅行にはどんなカバンがよいの?

travel bag
てばこ
てばこ
あー重い!鳥類のなで肩にリュックはキツイわ!
てばお
てばお
姉さんリュック派なんですね~、僕はコロコロ派なんですよ~うふふ。
てばこ
てばこ
あら、あんたのなで肩、空いてんじゃないの。ほら、持ちなさい。
てばお
てばお
あっ・・・そんな・・(ズシリ)

長期旅行向けのカバンとは?

旅行カバンの選びかた

皆さん、旅のカバンってリュックかコロコロキャスター付きのトランクかで分かれますよね?世界を周るのには果たしてどちらが良いのか?ここでは世界2周目のてば旅が、それぞれのメリットデメリットをご紹介しますっ!

tools
持っていかなきゃ損する!【おすすめ旅アイテム特集1】世界旅行に持っていくと便利なグッズをてば旅の経験をもとに集めてみました!どれも実際に使ってみて選考に残った優秀なものばかりです!...

リュックのメリット

リュックは旅の定番ですよね。昔に比べておしゃれなリュックも増えましたし、機能的にも肩に負担の小さいものやベンチレーション機能などがついたものもありますね。

リュックのメリットとしてはまず第一に動きやすいということですね。コロコロと違って両手が空くのもメリットです。コロコロだと入って行きにくい場所もリュックだとすんなり行けたりします。

道路が石畳や砂利のところは正直コロコロではキツイですね。あとリュックは旅してる感がでますね。カップルでカバンを選びに行って一緒に背負っちゃったりするとついついリュックを選びがちです。

tools
【世界旅行便利グッズ】持っていかなきゃ損するおすすめアイテム特集2便利グッズ特集第2弾!世界旅行に持っていくと便利なグッズをてば旅の経験をもとに集めてみました!どれも実際に使ってみて選考に残った優秀なものばかりですよっ!...

リュックのデメリット

旅行用リュックの選び方

やはりコロコロトランクと比べて収納力が乏しいことがありますね、あと本当に肩や腰にきます。女性なんか40リットルサイズを満タンにしたらもう背負うのは厳しいんじゃないでしょうか。ちなみに写真のカバンは60Lサイズです。無理無理。

他にはお土産が潰れちゃったり、昔多発していたのがドミトリーで睡眠中にリュックをナイフで切られて中身を奪われたなんて事件もあります。

下のリュックはサブリュックですが、ちょっとめずらしい素材で、ナイフで切れない防刃+防水+隠しポケット多数で海外旅行でむちゃくちゃ強いんですが、テニスラケットがはいらなかったので今回は海外には持ってきませんでした。

コロコロキャスター付きトランクのメリット

数字上はリュックと同じ容量でも、四角い形のトランクのほうが収納力があります。

それとコロコロは移動が楽ですね、リュックでは運びきれない荷物をコロコロと運ぶことができます。そしてセキュリティ面ではリュックよりも優れています。ハードタイプはナイフでは切れませんしハンマーでも壊れません。

盗難は実際にあってみるまではどうしても他人事と考えてしまうのですが、バックパッカーで安宿に泊まるとなると必ず考えなければいけない問題です。

特に狙われやすいのがビックイベント時です。これは実際にあった話なのですが、バンコクの水かけ祭りで、最高潮に盛り上がる時間帯にドミトリーの荷物がごっそりやられた事件がありました。

監視カメラに写っていたのは宿には泊まっていない人物だったそうです。犯人は最高潮に盛り上がる時間を狙って宿に入って荷物を盗み、一部のリュックがナイフで切られていたそうです。

たしかに盛り上がりのピークには誰も宿に戻りたくないですよね?そもそもドミトリーに泊まりに来る人は短期滞在で、そういったお祭り目当で来る人がほとんどですからね。そりゃあみんな帰ってきませんよ。盗もうとする人間はそれをわかっています。

そんなときの最後の砦になって荷物を守ってくれるのがコロコロハードケースなのです。

コロコロキャスター付きトランクのデメリット

片手が埋まってしまうこともありますが、一番のデメリットは「キャスターがやられると悲惨」の一言です。

これは昔何度も見ましたが、キャスター修理のために3日もそこで足止めをくらっている人や、ヨーロッパの石畳に引っかかりキャスターが動かないので持ち上げて移動している人など色々いらっしゃいました、最近は以前に比べて丈夫になったとはいえ、コロコロかばん修理箇所の第一位はやはりキャスターです。

長期旅行のカバンはコロコロ一択!

はい、というわけでいきなり決めつけちゃってますけど、てば旅的には世界旅行にはコロコロをオススメします。さきほどのメリットやデメリットの件もあるんですけど、昔に比べて世界の道路状況や移動手段がだいぶ良くなっているというのも、コロコロをおすすめする理由です。

昔と違ってカンボジアの地雷地帯を抜ける必要もないですし、バンコクのタクシー乗車拒否10回連続食らって泣きながら歩いて駅まで向かうなんて今では考えられないですからね。

世界中で観光地化も進み、歩く距離も昔に比べてだいぶ減りました。というわけで楽なコロコロ一択です!しかしコロコロのキャスター選び方に関してはコツありますのでご紹介しますね。

てば旅おすすめの世界旅行カバン 観音開きタイプ

観音開きタイプの旅行かばん

こちらは非常に収納力の高いおすすめカバンです。このタイプはスノーボードメーカーがおすすめです。なぜかと言いますと、このタイプのカバンの歴史が古くて種類が多く、キャスターが頑丈な物が多いからです。キャスターにスケートボードのウィールをそのまま使ってるカバンもあります。その場合まず壊れません。

そして観音開き。ホテルなどではパカっと開いてそのままベットの下に押し込んで、使う時にズルズルと引き出して使えます。ただしソフトタイプなのでパソコンなどの貴重品は別のカバンに入れたほうが安全です。

あとこのタイプは取っ手が伸びるタイプの物がおすすめです。取っ手が伸びないと引いて歩く時に靴のかかとがカバンにコンコン当たるのです。

ソフトケース派はバートンおすすめです

キャスターの強いコロコロトランク

リモア旅行かばん

上記のスノーボードメーカのカバンに比べて収納力は劣りますが、こちらはハードケースなのでパソコンを入れても大丈夫ですし、最近はかなり軽いものもでています。観音開きにできるのもよいですね。

 

リモワ旅行かばん

 

世界を周る旅人なら、本当は走破性の高い2輪タイプをおすすめしたいのですが、残念ながら最近は4輪タイプが主流となっています。

てばこさんが使っているRIMOWAというブランドも、2輪タイプは廃盤になってしまいました。世界旅行となると家からホテル直行の旅だけではなく、時に悪路も行かねばならない時があるかと思います。

コロコロの向きが全方向に動く4輪タイプは現在主流で便利なのですが、強度が少し弱くなります。選ぶ時はタイヤの口径が大きいものや頑丈に作られているものを選びましょう。

あとカバンの容量ですが大きければいいというわけではありません。目安ですがコロコロキャスターは60リットルタイプをおすすめします。このサイズですと荷物を詰め込んだ時の重量が20kgを超えることはなくなります。超過料金は怖いですよね。

てば旅の2匹だとコロコロ60リットルサイズでだいたい14~5kgで収まりますので、これだとジェットスターの機内持ち込み下限の料金でいけますね。そもそも80リットル以上必要だという人は世界旅行にはちょっと荷物多すぎですね。なんとか工夫して減らすことをおすすめします。

こちらは頑丈なアルミでキャスターが大口のものです。この型はOEMで製造されており、世界でキャスターの替えが容易に手に入りやすいです。

サブリュックのおすすめは、横開きっ!

世界旅行におすすめのサブリュック実際に使用しているものです

 

旅におすすめの横開きバッグこんなにも中身が見えちゃう

こちらはホグロフスというメーカーの、名前がコーカーのラージサイズというリュックです。コロコロ愛用者はそこまで大きなサブリュックをもつ必要がないので18リットル程度のこの子で十分です。なぜこのコーカーを推しているのかというと、やはりこの横開きが旅にはとても便利だからです。

基本的に「サブ」としての扱いのリュックなんですが、ほとんどの旅人がこのサブリュックに「メイン」で使うものを入れます。

例えばパソコン、携帯、バッテリー、機内で寒い時用の上着、パスポートや財布や耳栓やイヤホンなどちょいちょい出したりしまったりするものが多いかと思います。その際にこの横開きタイプだと中身が全部見えるので非常に取り出しやすいんです。

また、コーカーは今は旅の必需品であるノートパソコンを入れる仕切りがあり、上ポケットもある程度の空間が潰れないように確保されており、自立もしてくれるという非常に使い勝手のよいカバンでおすすめです。

ちなみにてばこさん的にはコーカーにはテニスラケットがはいるので、テニス専用のカバンを買わなくても良いのが素晴らしいとのことです。

テニスが入る旅行かばんラケットがすんなり入ります。市場ではネギを買ったときにこのようにはいります

もしもカップルで長期旅行にでるのなら

かばん

 

これは提案なのですが、もしもカップルで世界旅行に出る場合のかばんが、お二人合わせて機内に預け入れる荷物(チェックインカウンターで預ける荷物)×2、機内に持ち込めるサイズのカバンが×2の、スタンダードな組み合わせで合計4個ならば、なんとか荷物を減らして機内に預け入れるサイズを2人で×1に収める事をおすすめします。

 

てばこ
てばこ
私が背負える中サイズリュック×1、てばおが大きなトランク×1と、背負える中サイズリュック×1ってことね!
てばお
てばお
はい・・・

 

理想はお二人とも機内に持ち込めるサイズのカバン1つずつに収まるのが理想ですが、女性の場合どうしても荷物が多くなっちゃいますよね?

また、爪切りやシャンプーなどの液体物、ハサミ、便利なアーミーナイフなどは機内に持ち込めないので預け入れる荷物になります。

しかしですね、てばこさんが以前世界一周をした時に、かかった機内預け入れ手荷物代金のトータルですが、なんと総額20万円を超えたそうです。これは荷物を持たずに、行く先々で買い揃えたほうがいいレベル。まあてばこさんの場合、陸路移動はほぼなしで30カ国くらい周ったというのもありますが、大きな負担になるのは皆さんも間違いありません。

機内預入手荷物代金は本当に結構な負担になるんです。かといって、日本からお気に入りのシャンプーや爪切りは持って移動したい。その気持ちはとってもわかるので、せめてカップルの場合、大きな機内預入手荷物は2人で1つにすることをおすすめします。

長期旅行におすすめのカバンまとめ

てばこ
てばこ
なるほど~!コロコロって楽なのね!リュックなんて登山マニアだけで十分なのね!
てばお
てばお
ぜぇぜぇ・・・・
てばこ
てばこ
あら、あんた随分へたってるじゃないの。男なんだからもっと体力つけなさい!
てばお
てばお
(私、姉さんのリュックと自分のコロコロ2つ持ってる状態なんですが・・)
要点まとめ

なで肩の人にしかわからない苦労もある

tools
【世界旅行便利グッズ】持っていかなきゃ損するおすすめアイテム特集2便利グッズ特集第2弾!世界旅行に持っていくと便利なグッズをてば旅の経験をもとに集めてみました!どれも実際に使ってみて選考に残った優秀なものばかりですよっ!...

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!