その他いろいろ

【アメリカ】シカゴのマギーデイリー公園のテニスコート

シカゴのテニスコート
てばこ
てばこ
今日はアメリカシカゴのテニスコートの紹介よ~!
てばお
てばお
シカゴの有名な公園の中にある公営のテニスコートですね!
てばこ
てばこ
観光客でも飛び込みでやれるけど、ラケットのレンタルとかがないからそこは気をつけるのよ~!

マギーデイリー公園

 

こちらはシカゴが隣接している世界第5位の大きさの淡水湖であるミシガン湖のほとりにある、マギーデイリー公園の中にあるテニスコートです。

シカゴは別名「風の街」と言われるくらい、このミシガン湖からの強風が強く、そのほとりにテニスコートを作るなんて自殺行為だと思いましたが、実際に行ってみるとやっぱり自殺行為でした。

営業時間 平日の午前7時から午後17時までは1時間15ドル

平日午後17時以降は1時間20ドル

土日は終日1時間20ドル    Peanut park tennis court

公園内のご様子

マギーデイリー公園こちらは隣接するミレニアムパークにある雲の門

 

マギーデイリー公園 こちらはマギーデイリー公園から街の眺め。都会の中にある公園です

 

マギーデイリー公園 スケート場完備。冬のシカゴは寒いです

 

マギーデイリー公園子供用の遊具が完璧に揃っています

 

マギーデイリー公園ですが、スケートシューズやテニスラケットなどの道具は持参する必要がありますが、殆どの施設が無料で使うことができるので夏でも冬でも大賑わいです。

60億円以上を投じて2014年にオープンしまして、世界でも最高水準の設備を持った公園かと思います。

テニスコートはその一部にありまして、受付に関してはHPからのメールで問い合わせてスケジュールを確認して当日お金を払います。

しかしてばこさん達が訪れた3月は激寒の風が激強でテニスコートは残念ながらクローズ。

指をくわえてみるだけとなりました。

 

テニスコート

マギーデイリー公園 広い公園なので立て札を見ながらテニスコートを目指します

 

マギーデイリー公園何気ない風景ですが、横風がヤヴァイ

 

マギーデイリー公園 テニスコートが見えてきましたが、クローズで誰もいません

 

テニスコート でもテニスコート自体はとってもよい作り

 

テニスコート さすが土地余りのアメリカ、ベースラインから後ろの壁までがとても広い

 

テニスコート アメリカはハードコートばっかりで、膝を痛める人多数

 

テニスコート サーフェスはゆっくりそうです

 

テニスコート 湖のほとりじゃなきゃきっと打てたでしょうに・・・

 

テニスコートはハードコートが6面あります。やっぱりミシガン湖からの風が強くて、冬はとてもじゃないけどできません。

しかしコートの広さは申し分なく、サーフェスも綺麗。アメリカは公営の無料テニスコートもそこいら中にありまして、ここ数年はテニスの世界ランキング上位にアメリカ人は少ないですが、大学テニスなんかは優秀な選手がバシバシ育っています。

多分5~6年後には上位にアメリカ人がかなり食い込んでくるかと。

ちなみにてばこさん、以前アメリカ人の元同僚♀とシングルスやりましたがボコボコにされました。若い頃はサーブの時速170kmでてたそうです。

アメリカ人むりぽ。

【アメリカ】シカゴのマギーデイリー公園のテニスコート まとめ

てばこ
てばこ
日本って男子も女子もサーブに「140km」の壁ってのが存在するのよ
てばお
てばお
そうですよね、若い頃に部活で基礎練をやっていれば突破できるみたいなんですが、社会人から始めた人は9割が140km以上はサーブで出すことができないそうです
てばこ
てばこ
でもアメリカ人はそんなの関係なさそうなわけよ・・
てばお
てばお
はい。高校生男子でも大抵部活内に200km出す子が1~2人はいるそうです・・・
バンコクテニスコート
バンコクのテニスコート一覧【2020年最新版】てば旅が探し出したバンコクテニスコートのまとめページですよ。どこよりも広く詳しい内容になってますのでぜひぜひ御覧ください。...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
こちらの記事もオススメ!