てば旅

【ビエンチャン】プール付きのローカルジム

てばお
てばお
今回はビエンチャンのプール付きのフィットネスジムのご紹介です
てばこ
てばこ
あら、プールとセットなんてビエンチャンにしては珍しいわね
てばお
てばお
はい。ただプールとジムは別料金でした、お姉ちゃんも泳いでないし・・・
てばこ
てばこ
(こいつが真っ先にプールに行くのはそういうことね・・・) 

 

ビエンチャン老舗のジム Vientiane Fitness Centre

 

こちらはビエンチャンの中心地に近い老舗ジムで、お向かいにはアヌウォンスタジアムというサッカースタジアムがあります。

ジムの敷地内にはプールがありまして、こちらはジムとは別料金で、15000キープ(190円)、ジムは20000キープ(250円)と良心的な値段なので、学生さんとかも多く、夕方とかはちょっと混雑しますね。

営業時間は朝6時から夜21時までです。

Vientiane Fitness Centreのご紹介

道路 周辺はこんな感じ、ちょっと繁華街からは外れます

 

グラウンド アヌウォンスタジアム、かなりガタがきております

 

ジム入口 入口はこちら、外からプールが見えるのですぐにわかります

 

プール ジムはプールの奥にありますよ

 

市民プール プールは市営で、掃除もちゃんとしてます

 

プールは白人さんが結構利用しに来てます。泳ぐわけでもなくビーチサイドでゴロゴロしてますね。ちょっと塩素がきつい感じなので肌の弱い人は避けたほうがよいかもです。

ジムは入口にカウンターがありますので、そこでビジター料金20000キープ(250円)を払うだけであとは自由にできます。

靴もタオルも特に何も言われず、みんな自由にやっている感じです。

 

ジムのマシンをご紹介

ジム 新し目のマシンが揃っています

 

ジム 思ったよりも使いやすい

 

ジム と見せかけて古いマシンも半々くらいであります

 

ジムちょっとマシンの配置が窮屈なところも・・

 

 

重量 重り調整は簡単

 

ジム 一見開放的

 

ストレッチこちらはストレッチコーナー

 

こちら、靴や服装などがユルイかわりに、時間帯によってはお客さんのマナーがよろしくありません。裸でマシンを使う人とかいまして、汗がマシンにつくのに拭かない。

マシンもフィニッシュでガチャンと落としたり、きちんとやってる人ほど気になっちゃう部分でございます。

また、これはラオスでよく見かけたのですが、カップルや団体で来て、やるのは1~2人なんですけど、他の人はやらずにマシンに座って携帯をいじってしまいます。

もちろんラオス人はみなさん優しい方が多いので、言えばすぐにどいてもらえるのですが、ここも気になる人は気になるかもしれません。

なので混雑している時はちょっとおすすめしにくいジムかもしれません。

 

【ビエンチャン】プール付きのローカルジムまとめ

てばこ
てばこ
まあ値段相応って言ったところかしらね! 
てばお
てばお
そうですね、高級ジムと比べてはいけませんでしたね!
てばこ
てばこ
あとここの注意点は、エアコンがないのよね。バンコクよりは暑くならないけどそこは注意ね~ 
てばお
てばお
そうなんですよね・・汗だく裸のお兄ちゃんの後は、ちょっとマシンに触りたくなかったです・・・
要点まとめ

その点、筋トレガチ勢はマナーがよい人が多いですね

体臭対策デオドラント用品
タイ人は臭くない!デオドラント用品比較日本人がタイに行くと、たくさん汗をかいて気になるのが体臭。今日はそんな気になる体臭を封じ込めるタイで気軽に購入できるデオドラント用品を色々ご紹介しますよ~!...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
こちらの記事もオススメ!